読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

インフルエンザ 続き

昨日心配していた弟さんも、午後から見えました。

昨日までは特に変わりなく、今日は食欲が落ちて、

水分だけを取っているということでした。

でも超若いからきちんと休めば大丈夫です。

 

もう一人、仕事に行けるかどうか聞いてきたお父さんも見えました。

きちんと休んでいるのに、きちんと服薬したのに、

熱発が続きます。

このレベルに来たら、専門の先生に行く方が、

本人も安心です。

思わぬところに原因が隠れていることもありますし、

患者さん自身、自分の身体をもう少し大事にしてくれます。

(「こんなにわるいのかー」と自嘲気味になりますが。)

 

薬は症状を抑えて、楽にしてくれますが、

いつもの身体に戻るには安静が必要です。

 

その状態になる前の体調も影響します。

食事や水分が十分にとれていたか?

きちんと眠れていたのか?

気分転換できる精神状態であったのかどうか?

 

身体は無理を重ねていると、体調が悪くてもそこがニュートラルラインに移り変わってしまい、

小さな変化が重なり、知らないうちに変えられない体調の変化を引き起こしてきます。

 

忙しすぎる人、不幸なことが続いたひと、変だなと思ったら、

まずご飯をしっかり食ベて、ゆっくり寝ましょう。

つべこべ言わずお布団に入りましょう。