読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

きっかけは咳止め

ずいぶん前の寒い時期。

地元でなく遠く関東からの患者さんが見えました。

 

開口一番。

「夜咳が出て眠れないんだ、咳止めだしてほしい」

「はあ。」

すごく忙しそうに言われまます。

よくよくお話しを聞くと、

明日一番の船釣りをとても楽しみされていたのでした。

でもまってください。

 

「今定期に処方されてる薬はありますか?」と聞いてみました。

 

「あるある。高血圧に、糖尿に、コレステロール大体のんでる。」

にこやかに言われます。

 

「晩酌はしてますか?」

「してる。」

 

「タバコは?」

「30年吸ってたけど止めた。」

 

喫煙は今やめていたとしても、30年も吸っていたら、

風邪を引いた後なかなか治りにくい咳を残します。

 

脱水があればなおさら、痰の粘りが効いてぜんそく様の気管支炎も起こしてきます。

 

風邪がキチンと治らない状態で船釣り。

夜眠れていない。

たぶん前夜祭として今日お酒のまれるかな?

 

釣りが好きな方は苦にはならない移動でしょう。

でもよる眠れないくらいの咳をしている場合は、

薬で抑えてみたとしても、ある一定以上の安静が必要になります。

 

 船の上では、

トイレに行く回数を減らすため、水はあまり飲まないでしょう。

朝の海はとても寒い時期です。

血圧が自宅で測るよりは高くなるでしょう。

糖尿病による心臓のトラブルは痛みを感じないことが多いです。「あれっ、変だな。きのせいかな。」と釣りをしている間に、

問題が大きくなってしまう事も考えられます。

 

せっかくここまでいらして申し訳なかったけど、

寒い海にでてしまったら、救急車はそこまで迎えに行けません。

 

今の状態で、寒い朝に船釣りに出かけたら、

最悪の事態が起こりかねない状態なのだという説明をして、

なんとか思いとどまって頂きました。

 

船釣り前の健康チェック必要です。