読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

いつもと違うも要注意

ある日の仕事終了一時間前。

 

「おばあちゃんがおかしい。」と電話がかかりました。

いつもと様子が違う、朝昼のごはんは食べました。

家族は慌てて、話します。

 

とりあえず連れてきてみてください。

自分一人で歩けません。

 

最近物忘れもひどくなり、

なんとか日常生活は送ることができていますが、

怒りっぽくなって、家族の話をあまり聞きません。

ずっとお元気で、最近は健診も何年も受けていませんでした。

 

血圧は大丈夫。少しいつもより落ち着きがなく、

スムーズに言葉が出てきません。

いつもはかくしゃくとしてどっしり座っている印象のかたですが、何かおどおどしています。

家族にいろいろ聞いてみると、

朝は少し眠い感じでいらしたそうです。

朝昼ごはんも食べて、

立ち上がった姿を確認してその場を離れて15分。

戻ってきてみたら、

立ちすくんだ姿そのままで、前に進もうとしますが、

足がうまく運べない状態でもがいていらしたそうです。

 

せき込みや、頭痛などの訴えもありませんでした。

しかし体温測定してみたら38度あります。

 

大勢の人がいる場所に行かれたわけでもなく、

家族がほかに風邪をひいているわけでもなく、

一応インフルエンザ検査をしてみました。

(地元で流行しています)

 

検査の結果を確定するのに必要な10分待たずに陽性です。

インフルエンザによる高熱で生じた異常事態でした。

 

典型的なインフルエンザの症状を呈することなく、

熱だけで異常を示してくる高齢者のインフルエンザ。

 

家族が近くにいたからこその処置です。

普段から麦茶を好んで十分に水分もとれていました。

突然にこのような形であらわれるインフルエンザ。

 

変だなと思ったらすぐに行動です。

 

気を付けてお過ごしください。