読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

5分の手間でパンを焼く?

前の記事にプロテインパウダーをパンを焼く際に、

しのばせてみるという方法をあげてみました。

 

料理の本を眺めるのが好きで、作らないことのほうが多いのですが、良く買い込んでしまいます。

 

昨年末に、面白いパンの本を見つけました。

 

「一日5分かけるだけで本格パンが焼ける」というものです。

ジェフ・ハーツバーグ&ゾーイ・フランソワ 

日本語監修 萩山 和也  熊谷玲美 訳

楽工社

 

その中の一つを書いてみます。

 

***************************

 ブール boule

▶450gのブール4個分(2倍や半分の量でも作れます)

ぬるま湯:720ml

ドライイースト:大さじ1.5杯

粗塩:大さじ1.5杯

準強力粉:910g

コーンミール(打ち粉用):適量

 

①ぬるま湯を用意(38度くらい)

②ぬるま湯を食品コンテナ(タッパーの大き目サイズ)に入れて、イーストと塩を加える。←ここでプロテインパウダーを投入

量は適宜試してみてください(汗)

③小麦粉を混ぜ入れる。こねる必要はない。だまがなくなるまで混ぜたら終わり。

④発酵させる。生地の入ったコンテナにふたをします。(密閉しない)ガスが発生するのでねじ蓋の瓶は使用しないこと。

発酵は時期により膨らみ方が異なりますが、室温において記事がつぶれてくるまで約2時間、最大5時間まで長くしてもOK。

 

パンを焼く当日は、

⑤生地はこねないで30~60秒以内で包み込み、形を整えるだけ。(グルテンクロークという方法)

⑥成形した生地を休ませて発酵させる。コーンミールを振った木の板(本書ではピザピールと記載)において40分休ませる。

⑦焼く20分前からオーブンを230℃に予熱しておく。

⑧生地の上に粉を振り、切れ目を入れる。

⑨スチームを与えながら焼く。(上段にパン、下段にバットを置いて、200mlぐらいの熱湯をパンを入れた後に、バッドに素早く注ぎ込み蒸気が逃げないように手早くオーブンのふたを閉める)  約30分焼きます。

⑩残った生地は、ふたのあるコンテナに入れて冷蔵庫で保管し、

二週間以内に使う。