自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

感情と感覚に敏感になる

独身時代に胸をときめかせたC・W・二コルさん。

 

「風を見た少年」のような一般受けするものでない自伝風の作品が大好きでいつも小脇に抱えていました。

 

つまみ食い常習の同僚を懲らしめるために、

動物のフンをチョコレートでコーティングしていたずらしたり、

自分のやりたいことの資金集めに、

プロレスラーになったりするお話しがとても大好きでした。

 

その当時(今から振り返ると)、

あまり自分の感情や感覚よりも軍隊方式のやらねばせねばの感情よりも現実の生活を必死に生きていたため、

自分の感性を信じて自由に人生を生きている姿にあこがれていたのだと思います。

 

C・W・ニコルさんのおじいさんに、いじめられっ子で悩んでいた時の質問がいつまでも心に残りました。

 

「なぜ僕は僕なの?」

 

「お前にしかできないことが、あるからだよ。」

 

こんな内容であったと思いますが、

 

私の身の回りでは表面的なやり取りしかない日常において、

 

こんなに哲学的に将来に希望が持てるような物言いをする人間

が一般人として存在することに驚きましたし、

 

私自身も胸に留め置きました。

 

むかしから病気は気からという言葉があるように、

 

気持ちをないがしろにしていると、

 

知らないうちに病魔が襲ってきます。

 

心の病気はもとより、

 

目の前の現実にこたえることばかり優先して自分の心をみつめ

る余裕がなかったり、

そんなこんなで食事や水分補給や運動なども仕事優先になって必要量をとることができなくなります。

 

一日のうちのほんの数分でもいいので、

今はやりのマインドフルネスによる瞑想をおこなったり、

美味しいお茶をフルーツジュースを飲んでみたしながら、

今現在の自分の身体を確認してみてほしいです。

 

以前にも書いた、自分だけは大丈夫という前提が意識に上らない状態で設定されています。

 

本当に自分は今大丈夫なのか?

 

イライラしていることの原因?

 

直接的には〇〇だけど、昔体験したときの△△とパターンが似ているなとか、

わからなければわからなくてもかまいません。

いつかは必ずわかるようになるから。

 

感情は昔経験したことからの注意の呼びかけであって、

 

今現在生じていることから受けていることではないのです。

 

目の前で起こっていることは、本当はニュートラル。

 

今はこのような考え方がスピ系でもビジネス系でもそのようにある事が必要とされて広がり多くの人がご存知ですが、

 

もう30年以上も前に上京して偶然購入したウェインダイヤーさ

んの「なんとかゾーンを越えて」(たぶんこんな題名)を読

んで確かにその時はすごい魔法の手段を手に入れたと喜び勇ん

だはずでした。

 

人生は自分の気持ちの在り方次第でどのようにもなれるということを知り、

 

大感激していつも苦労話を聞かせてくれる伯母に手渡した記憶があります。

 

しかし その時からはや30年。

 

失敗だらけの人生です。

知識はあっても理解できずに来たわけです。

 

だからこそ意識の在り方、目の前の事実に対する考え方を感情の赴くままに表現していくことをどうにかしないとドンドントラブルの芽を自分でまき散らしていくことになります。

 

そのトラブルあって成長もありなのかもしれませんが、

 

もういい加減成長したいです。

 

もう失敗という肥しは私には十分です。

 

そのためにも日頃から自分の感情の変化や、

 

自分がどんな時に楽しく、嬉しく感じられるかなど、

 

気分転換のコツを知っておくことが必要になります。

 

自分で自分のお世話をしてあげるということです。

 

誰も皇族の方たちのように面倒を見てくれる存在はいません。

 

自分のことは自分で。

 

一般的な身体の調子の悪さはその自分への気配りが少ないことによって生じるストレスから食べ過ぎたり飲みすぎたり、何かに依存しなければならなくなったりなど姿を変えた枝葉であってバリエーションになると思います。

 

現実だけに目を奪われるのではなく、

人生の流れの一日を大事にするためにもマインドフルネス等の瞑想は理に適っていると思います。

 

なんだかちょっとスピ系のお話しになりました。

 

現実でうまく行っている人はそのままでいいのです。

 

人生の流れでちょっと苦しいところにいる方は是非、

三次元的なものだけでなく、

4次元か5次元か定かではありませんが、

 

目に見えない自分の心の中を少しだけ見つめて、

 

空気を入れ替えるように、

 

現実の重苦しさを吐き出しましょう。(深呼吸)

 

自分を自分で少しずつ認めてあげましょう。

 

よく頑張ったってね。

 

 

人生はすべてが笑える

昨日見えた不思議な患者さんのこと、

今はやりの鏡の法則やらニュートラルで物事を見てみたら、

昔昔の私でした。

 

なぜ栄養や日常生活の基本のことばっかり書いてしまうのか。

 

これはあの不思議な患者さんのように、

自分の思い込みで回りが敵だらけ、

相手は自分をきちんと扱ってはくれないもの、

自分はまともに治療も受けられない立場?に似た環境でした。

 

本来なら一番最初になぜこんなブログを書き始めたのかプロフィールなどに書くのでしょうけれど、

猪突猛進タイプなので現状打破の手段として書き始めたブログ。

 

書き込んでいて気になる題目がかっこいい最新医学なんて書くことはできなくて、(最新の情報収集はきちんとしてますよ。

FBで医者は勉強不足と悪口言われてたから誤解されては嫌です)

 

日常の些細なことを根掘り葉掘り。

 

なんでかなーと思いつつ最近内側を見るという作業を行ったのです。

 

見たくない認めたくない自分の奥底が見えました。

 

はい、私はあの不思議な患者さんの気持ちがよくわかります。

 

私が医者になった頃、

ブラック企業どころではないほとんど仕事詰めの毎日でした。

 

男性医師は可愛い看護婦さんをお嫁さんにして毎日すっきりした姿で現れます。

 

私なぞは結婚などいつの話し?状態で目の前の仕事をこなす毎日です。

 

でもそんな私でも不思議なことにお相手がみつかりました。

 

その当時の勤務先で世界の七不思議と揶揄されました。

 

そのくらい結婚できるような人間ではなかったということです。

 

一人目の子供を授かり、その後母の闘病開始。

 

主人はまだ学生であったため当然遠距離結婚です。

 

仕事子育てにおいまくられ、

時々かえって来てくれる夫への配慮が足りませんでした。

 

次男の出産間近にあの世へ行ってしまいました。

 

毎日の食事はきちんとしていただろうか、

部屋の掃除は?

結婚前になかなか自分の部屋を見せてくれなかった理由、

半分ごみ屋敷状態のためでした。

 

食事を作るはずであったのが大掃除をなり、

当時は良く理解できなかったけれど

冗談半分で「一家に一台〇〇さん。」と一応彼なりに褒めてくれました。

 

外食がほとんど。

 

試験勉強ばかりしてリラックスすることを知らない。

 

亡くなった夫の財布の中からソープランドの名刺みたい名の出てきたけど、

ほんとに行ってリラックスする余裕があったら死んでいません。

 

どうせならソープラン行ってて余裕こいて素知らぬ顔で生きていてほしかったです。

 

そんな思いがけない人生の谷底にズーンと落ち込んで、

見ないで見ないできたごめんなさいの気持ちが、

食事のバランスきちんと取れてないと困るんだよーという叫びに変わっていたのでした。

 

その当時流行っていたスピ系出版社のVOICE出版から出ていた「人生はすべて笑える」という本がなぜかボロボロの状態で目の前に現れ、

ページをめくっていたらあの不思議な患者さんは過去の私である事に気が付いたのです。

 

むかしはこの本の内容がうまく理解できませんでした。

 

”あまり愉快でないこともすべて笑って、自らを癒すことができるようになる。

みじめな目に合いそうなら、それを楽しんでもいいんじゃない? アネット・グットハート”

 

まじめに考えすぎて相手を悪者に仕立てて、

自分を守ってきたのです。

 

今は心の余裕が少しだけできたので、

笑うことができます。

 

人生のストーリ―に酔うことなく、

自分の行きたい人生を生きるための情報が今はインターネットで手に入ります。

 

その一つとして情報発信するのです。

 

まずは笑い。

 

何にも楽しいことなくても、

退屈でも自分で自分の心のケアをしてみましょう。

 

朝一番、鏡を見て笑いましょう。

 

それだけで一日のスタートが抜群に良くなります。

 

もしかしたらだけど、(もう来ないと思うけど)

あの不思議な患者さんが来たら御礼替わりにこのことお話しします。

 

今日は長々と失礼いたしました。

 

 

青汁のみすぎると。。。

今日も夏日で暑い一日。

 

軽い熱中症になったお母さんが見えました。

 

毎年のこのじきになると体調を崩されます。

 

その原因として二つ挙げられます。

 

①十分な水分補給ができないこと。

②体温調節できないこと。

 

今の時期、朝夕はまだ寒くてストーブが活躍しています。

それなのに昼間になると27度以上に気温が上がり、

今日などは30度近くまで上昇しました。

 

寒暖の差がお年寄りには感じにくいのと、

のどの渇きもわかりにくい事、

寒いからずっと寒いときの衣類をきてしまうこと。

 

朝夕の寒さでめっきり水分摂取量が減っています。

 

さてそのあとに見えた若い女性。

 

職場でかなり汗をかくそうです。

 

今の時期はとにかく水分補給をしているそうなのですが、

「青汁を代わりに飲んでるよ。」

というお話し。

 

「一日にどのくらいのんでいるの?」

 

「えっ、だから水替わりに1リットル以上はのむかな?」

 

「あのね、少し気を付けないといけないところがあるから聞いて。」

 

「青汁って野菜からできているものでしょ?

取りすぎると少し怖いことが起きてしまうからできれば、

一日に200MLのコップ2~3杯に抑えたほうがトラブル起きないよ。」

 

「え~、本当?」

 

「手が震えたり、脈拍がなんだかおかしくなったリしなかった?」

 

「脈拍のほうは特に感じなかったけど、

仕事中にいやに手の先がしびれるなと感じたときはあったあった。」

 

「塩分を取りすぎている人が飲むことでむくみを軽くしたり、

血圧を安定させる効果はあるんだけれど、

取りすぎると腎臓に負担がかかりやすくなって、

もとからお水飲まない人が青汁をメインに水分補給したらちょっと怖いです。」

 

「わかった、今度からきをつけまーす。」

 

こんな感じでお話は終わったのですが、

 

テレビや新聞の宣伝では、

 

これさえ飲めば大丈夫と言わんばかりのことがかいてあります。

 

健康であるためにとりよせたものでかえって不健康を生じている可能性も起こしえます。

 

きちんと一日にどのくらい摂取するのが良いのかを、

注意事項のところで確認しましょう。

 

 

青汁だけではない問題です。

 

 

ヘルスコンサルタント②

先日予防医学の勉強会がありました。

 

セミナーのあと初めて集まり、

その後の状況報告です。

 

身体に良い油をとるようにこころがけることを続け、

炭水化物を制限した食生活をそれぞれ行ってきました。

 

セミナー前から開始していた方は体重が数キロ前後減り、

奥様に褒めていただいたようです。

 

どうしても体重の変化に重きが置かれてしまう傾向があります。

 

目に見えての結果なので仕方ありません。

 

実は、

学生時代の授業で習ったファットバーニング=ケトン体ダイエットはあまり良い印象がありませんでした。

 

体重が減ることに重きを置いてしまうと、

拒食症等の原因になりかねないからです。

 

空腹感が少なくなるため食事をとらなくても、

平気になりやすいです。

 

でもそうだからこそバランスの良い食事(水分、タンパクを十分に確保できる、ビタミンミネラル、最後に炭水化物)をして、(最低でも総カロリーは1200キロカロリー/日は摂取する。)

 

食後の眠けが少なくなり、

 

疲れにくい身体に変化していくようにしてほしいです。

 

私自身も極端な炭水化物制限ではなく、

 

朝のごはんはしっかりとり、

 

昼は半分夜はとらないを繰り返し、

 

意識してタンパク質と良い油をとるように心がけました。

 

すると残念なことに体重はそれほど大きな変化は得られません

でしたが、

 

何年か前に消えていたウエストが少しだけ見えてきました。

 

 

嬉しくて新しい洋服を久々に購入したく外出してみましたが、

世の中は様変わり。

 

浦島太郎みたいに若い人向けのファッションの中で、

右往左往。

 

今年は肌を露出するデザインが流行しています。

 

体冷えないんかいと思いながら結局何も買えずに帰りました。

 

でも新しい洋服を買いに行くぞというエネルギーが出てきた自分にびっくりです。

 

どうせこんな体型だから通販で十分。

 

自分へ愛情かけていませんでしたね。

 

大反省しました。

 

薬だけもらえればいいんだよ!!

今日はものすごく不思議な方が見えました。

 

 

40代半ばの男性です。

 

日焼けして真っ黒で元気そうですが、

笑顔がありません。

 

自分で診断して自分で薬を決められての受診。

 

その上自費診療。

 

初めてのことだったのでいろいろお聞きしました。

 

ここにはきたことありますか?→うん

 

以前同じように処方してもらったの?→うん

 

抗生剤が入っているからだらだらつけないでほしい

→大丈夫だ、自分のやり方で今まで治っていたから。

 

食事や睡眠はキチンと取れて体調はいいの?

→そんなこと聞いてどうするんだ。

 人を外見で判断するな。

 

いろいろ事情があるのでしょう。

 

質問にはことごとく反発を交えたかわしで対応されました。

 

外耳道炎は内服も同時に行わないと(安静が十分にとれない場合は特に)改善しません。

 

薬はいらないといわれるので自宅にある鎮痛剤を食後に内服するように話しました。

 

あまりしつこく聞いたので

最後に「ここは感じ悪いな、評判悪いだろ。」の捨て台詞。

 

久々に超個性的な患者さんです。

 

まず話しを聞こうとしない→こころの余裕がない。

 

やっている行為自体普通ではないと薄々自分も気が付いている。

 

コントロール下に置かれたくない。

 

ストレスだらけの日常生活(?)で知らないおばさんにうるさく言われたくない感満載。

 

でもでもね。

 

まさかのまさかということがときどき起こるのです。

 

だから抗生剤入りの薬はメリハリつけて使用してください。

 

後はきちんと専門に行って治してもらうこと。

 

こちらも捨て台詞です。

家庭用品などによる子供の誤飲事故

前回に引き続き少しお堅い情報から、

子供の誤飲の事故についてです。

 

6~11か月の年齢層が一番事故を起こしやすいそうです。

 

次は12~17か月。

 

誤飲の時に注意が必要なものの順番です。

 

一番の原因はタバコです。

 

慌てて何かを飲ませたりするとかえってニコチン中毒を起こしてしまう恐れがあります。

 

缶コーヒーを灰皿代わりにしておいて(車内のドリンクホルダー)、知らずに子供が飲んでしまうという報告がありました。

 

2番目は医薬品。小さくて、丸くてきれいな色ならなおさら、

子供には魅力的です。

 

薬理作用で思わぬ症状を引き起こします。

 

3番目は電池。おもちゃについている電池など今は小型に薄型。

いろいろな形状がありますが、消化管に穴が開く恐れがあります。

 

4番目は磁石。これも一つだけならスルーして出てくるのを待て

ばよいのですが、複数個飲んでいたりすると消化管に穴が開く

恐れあり。

 

5番目は装飾品。 

塗料に鉛を使用しているものなどを飲み込み、

死亡した例があるそうです。

 

6番目は洗剤。

かなり前から見られるパック型の洗剤は、

中身が濃縮タイプで通常の洗剤よりも誤飲の時の危険性が増すそうです。

 

後に続くのは硬貨、食品類(こんにゃくゼリー)、化粧品、玩具など。

 

(*玩具による気道の閉塞事故などが起こっています。)

 

いくら家族が注意していても、

ヒヤリハットはいつでも起こりえます。

 

基本ラインとして、

小さな子供さんのいる家庭では、

子供の目につくところ手に届く範囲には、

子供の口に入る大きさのものは置かないようにすることが必要です。

 

 

 

・化学物質安全対策室のHP(厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/seikatu/kagaku/index.html

 

・子供に安全をプレゼントー事故防止支援サイト(国立保健医療科学院

http://www.niph.go.jp/soshiki/shogai/jikoboshi/index.html

 

・家庭用品等による急性中毒などの情報(公益財団法人 日本中毒情報センター)

http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf

 

 

 

夏のアクセサリーによる皮膚炎および裂創

だんだんと夏日が増えてきました。

 

先日まじまじと何種類もの若い女性用の雑誌を見る機会がありました。

 

今の流行はストレートロング。(いい方自体古いかも)

 

それに合わせるかのように、

イヤリングやピアスも長くゆらゆら風になびいて、

女らしさを際立たせるものが流行っています。

 

写真に載っているようなファッションが安全に(?)できる空間は、

広く爽やかお日様いっぱいという感じです。

 

なぜなら良い環境下では素敵なアクセサリーであっても、

別のところでは身体を傷つける危険なものに変身してしまう可

能性があるからです。

 

ずいぶん前に宮沢りえさんも長いピアスを付けて移動中に、

に引っかかり耳たぶが血だらけになったことがあるとお話しされていたことが記憶に残っています。

 

ピアスだけでなく、ずいぶんと昔の女優さんが、

長ーい長ーいスカーフを首に巻いてオープンカーに乗られ、

ドライブ中にスカーフがタイヤに巻き込まれて死亡してしまったという昔話も存在します。

 

実用性とファッション性。

 

長くてゆらゆらするものは女性らしくやさしげで素敵です。

 

相反してしまうものですが、

身につける際には想定外のことも起こりうる場合もあるとして

ファッションは楽しまれるように願ってます。

 

なぜこんな話をするのかというと、

家庭用品による皮膚障害という記事で、一番目に上げられてい

たものが装飾品であったからです。

 

夏の素肌に素敵なアクセサリーを選ぶ若い人達が増えるでしょう。

 

夏の肌はいろいろとお化粧でも紫外線予防のクリームや乳液が追加されます。

 

皮膚科の先生言わく、

紫外線予防のクリーム(防水)は肌にとってはセメントのような存在。

 

毎日紫外線予防のクリームを塗り、夜には専用の洗顔クリームを使う。

 

ただそれだけで皮膚バリアは壊されトラブルを生じやすくなります。

 

そこにまた紫外線。

 

紫外線が加わることで、皮膚に塗られたクリーム等は変化して

皮膚アレルギーの症状を起こしてくるようになります。

 

そしてそこに装飾品(金属)。

 

実は夏の素肌は危険でいっぱいなのです。

 

どうしてもトラブルが起こりやすい状態を懸念しての書き込みなるため鬱陶しいのですが、

綺麗で若さにあふれる肌が、

ちょっとした知識があれば防ぐことのできたトラブルで、

炎症による赤みや吹き出物で埋め尽くされては悲しいではないですか。

 

身体の中からは栄養補充しながら、

外からの外敵はその時々に防いでいく。

 

基本の基本においてください。

 

ちなみに皮膚炎のほかの原因としては(装飾品のほか)

 

ゴム、ビニール手袋

時計(ニッケル、コバルト、金のアレルギー反応示す例が多い)

めがね、

下着

時計バンド、スポーツ用品(ウェットスーツ)

靴下、足袋、ベルト

革靴、履物、洗剤、工芸用レンジ、楽器、ビューラー等でした。