自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

足裏マッサージ

先日私自身がこけてる時に、

時を同じくして父が脳梗塞の再発作を起こしました。

(親子でなんやねんと言いたいです。)

 

従業員の人に急遽転院手続きをお願いして、

私は体調を回復せんがためにコンコンと眠りました。

 

さて父のトラブルは、

発熱なしの誤嚥性肺炎と脳梗塞

 

リハ病院での食事管理ですぐにはへこたれないはずですが、

食事を飲み込めなくなってきていること、

食事中傾眠がちであったことなど夏の暑さはエアコンが効いた院内でも起こっていたのでした。

 

昨日から病室で父にあることをし始めました。

意識があるときはすぐ嫌な顔をして拒否されていたので、

むくみや冷えがあってもできなかったことです。

理学療法士さんのマッサージは素直に受けていたのにです)

 

足裏のマッサージ。

 

元気な人でも疲れを取るためにしてもらうと気持ちがいいですよね?

 

 

父は昔の古ーい外科医。

自分の信ずることしか受け入れません。

父が帰ってきた当時、

感染症に劇的に効果があった抗生剤を地元で使うことでとても助けてもらったんだという話を昔からの患者さんに聞いたことがありました。

時代時代でその時はとても役に立った抗生剤。

 

私が帰ってきた頃には、

使いすぎると抵抗性のある細菌が増えるのだと伝えても、

父を信望する母にはなかなかわかってもらえませんでした。

父は医師会での勉強会でとりあえず使い方は気をつけていました。

 

自分はされてきて悔しかったはずなのに、

男尊女卑を空気のように行動として表す母には、

私の立ち位置をなかなかわかってはもらえませんでした。

 

家のためには医師は必要だけれども、

自分よりも知識が豊富で、お給料も良い女の医師(娘の医師の姿)を見るのは嫌だったのです。

癌になりお世話になった先生のことを褒めまくり最後には娘のことを貶す母。

介護をしても看護婦さんのようにいかない私を貶す母。

私はお母さんのことが大好きだったのに、

大嫌いになっていきました。

病気がさせてくれいるのだと思いましたが、

仕事があった私は知り合いの方に母の介護をお願いしました。

全部完璧にはできないし、母は私の顔を見ると早く家に帰って仕事をしてとばかり言って介護らしい介護や心を通わす時間がもてませんでした。

なぜうちは他の家族のように気持ちのやりとりがうまくいかないのだろうかと思いました。

 

医師としての役割の私は認めるけど、

娘として結婚して子供を産んでまではいいけど、

自分はまたこの娘の下支えにならなければならないのかという悲しさというか、

娘の物分かりの悪さとかここまでお膳立てしたことへの感謝のなさとかを怒っていたのかもしれません。

看護婦時代の友人が母の死後数年以上経ってから、

突然私の悪口を母が言っていたと伝えてきたことなど知らない母の姿を見つけた時は、

この家は役割を演じることに注力して、

自分の本当の気持ちを伝え合う家族という形はなしていなかったのだなと思いました。

 

祖父母はよくケンカをしたそうです。

父は母に結婚するときに、子供の前ではケンカをしないようにしようと言ったそうです。

感情を伝えあえず、表面的なにこやかさだけの空虚な家族であったのだと思います。

でもそんな家でも大きくなれたー。

 

もういつ逝くかわからない父ですが、

感情的な面ではネガティブな対応ばかりで、

(患者さんに笑顔をふりまきすぎて疲れて家族には出来なかった?)

いい思いでは少ないですが産んでくれただけでもありがとうという気持ちを伝えるためにも、意識が少し落ちた時ぐらいにしか出来ないマッサージやることにしました。

 

娘らしいことがあまり出来てこなかったですけど、

足を触ると一応動かして体でまたやめろといってきますが無視してやりつづけます。

治療はしているけど動かしていない関節や手足の末端は冷たいです。

いった時だけでも血流良くなれーと理学療法士さんのマッサージは素直に受けていた父にしていこうと思いました。

 

 

 

 

 

f:id:Assagioli:20190804213959j:plain

 

余裕を持って動くべし

ずっと続いている暑い日、

これからもとうぶん続く暑い日。

頑張ってますか?

 

私は昨日こけました。

 

昔ならお盆前に一週間、我慢すればいいと言われていた熱帯夜。

今年は七月半ばから続きました。

雨もちょいちょい降っては雑草が伸び放題です。

昔気質の人は少しでも雑草が伸びてくると許せないのだそうです。

早起きしてもあんまり涼しくないのに、

朝5時から頑張ります。

せいぜい30分から1時間がいいところなのに、

3時間から5時間平気で働いて具合が悪いと見えるのです。

 

今日は同じような行動を取られた方が見えました。

いつもより声はか細く歩き方が不安定です。

補液を少しすると元気になるので懲りないのです。

 

往診も立て続けに入り注意をしていたはずの私もやられてしまいました。

 

この原因は脱水以外にもあります。

この暑いのに外壁の修理をお願いしていて自宅でゆっくりと休めなかった事。

(ほんの少しですけど昼寝が大事なのです)

毎日外出していた事。

二日前から夕食の炭水化物を少なめにした事。

仕事にかまけて暑い時期に体調をならせていく自由な時間を持たなかった事。

昨日、外壁の足場を取り外す際に、寝室のクーラーの電源の大元を外されて涼しいところで眠ることができなかったこと。(これがいちばんの原因です。電気取り入れのルート外したら一言伝えていってくださいね。大工さん!)

些細な事ですがこんなことでもこけてしまいます。

 

普段から水分やタンパク質を十分にとっていても運動量が足りませんでした。

自分で管理するしかないのにできていませんでした。

余裕を持ちながら行動しているつもりでも、

頭の中で計算してるだけで体全体のところまでは少し足りませんでした。

外で運動している人を見ると羨ましく感じますが、

少しずつの積み重ねですが運動の前後の準備や運動した後の疲れとか色々考えると、

すぐに一時間の散歩なんてできないのが実情です。

 

昨日半日補液しながら頭痛を感じながらこんなになるまで無理させてごめんと言いました。

 

f:id:Assagioli:20190804214401j:plain


 

 

休日診療所とシズちゃん

今日は休日診療所での仕事でした。

 

むしむしと夏らしい暑さの中、多かった病気は?

1、熱中症

2、下痢

 

外での仕事や部活の試合など日頃溜まって来ていた疲れをもとに、

一気に具合の悪さとして現れました。

 

お水を飲んでいるけど汗のかき塩梅が半端なかったり(塩分足りずにだるくなる、食欲低下、筋肉痙攣、etc)

水分補給しているけどカフェイン系のものだったり(カフェイン入りは烏龍茶にコーヒーに紅茶に美味しいものばかり、エナジードリンクにも入ってる)

 

一見平和な日常ですが、

情報が届いていないことによって

少しずつそして一気に負荷がかかった時、

全体を違う方向(病気)に押しやってしまいます。

 

 

自分よりも周りに合わせて無理をしている、

せざるをえない立場にいる方が多かった。

(なんでそんなに我慢するんだよ〜〜〜)

 

 

 

若い人たちはしおれていてもすぐに適切な治療を受ければ元気になります。

(でもしかし、

部活動では授業の体育の時間のように熱中症になるようなお天気の時は中止にできないものなのか?疲れ果てた子供達たちをまえに試合の後に一時間も大人が御託を並べていて良いの?特に室内を無風状態で試合しなければならないとかこのクソ暑い夏にしていて良いの?みんなで熱中症になれば怖くないってのりだと思う。。きちんと身体を休ませる期間も取る必要があると強く感じた日でした。)

 

50代以降の方達は。。。

若い頃のようにはやはり行きません。

(しおれた所に下されたパンチはかなり強く響き残ります。)

 

毎日の生活の中に体を維持管理する視点を持つことで、

急なトラブルにも耐えうる忍容性というか病気にへこたれない体を作ることができます。

 

外食の時はタンパク質、野菜から食べて次に炭水化物を食べてみましょう。

晩酌はちゃんぽんは基本禁止で、休肝日を週3回はもうけましょう。

お酒の後はすぐに寝てしまわずに水分補給してからにしましょう。

簡単そうに見えて少し難しいことなのかもしれません。

 

南海キャンディーズのシズちゃんが最近結婚した相方に、

「もう一人の身体やない。」と諭したように家族を持っている方は特に、

特に、小耳に挟んでおいてくださいね。

 

 

 

 

 

トウモロコシの冷スープ

こちらも栗原さんのレシピ。

これならこれなら今の私でもつくることができます。

わーい!!

 

*トウモロコシの冷スープ*

材料(4人分)

トウモロコシ2本

スープ(顆粒鶏ガラスープ大さじ1を湯3カップで溶いたもの)

サラダ油大さじ1

塩胡椒各々少々

 

作り方

1.トウモロコシを2本は皮を剥いて長さを半分に切る。ラップで包みレンジ600Wで約2分間加熱し、粗熱が取れたら粒をはずす。シンは残しておく。(シンから甘みが出るらしい)

2.鍋にサラダ油を熱し、1のコーンを炒める。火が通って来たら軽く塩胡椒をし、

粗熱が取れたらミキサーなどでなめらかにして塩胡椒で味を調える。

冷めたら冷蔵庫で冷やし器に盛る。

アボガドのポタージュ

こちらも栗原さんのレシピ。

美しいアボガドの緑が食欲をそそります!

絶対に美味しいけど今はこちらをつくる心の余裕が少し足りません。

美味しい料理は心の余裕からです。残念!

 

*アボガドのポタージュ*

材料(作りやすい分量)

ジャガイモ100g

アボガド1個(200g)

長ねぎ1/2本(50g)

バター20g

スープ(顆粒コンソメ小さじ1を湯1カップで溶いたもの)

牛乳1〜11/4カップ

塩コショウ各々少々

レモン・オリーブ油適量

 

作り方

1.ジャガイモは皮をむいて薄切りにし、水に晒して拭き取る。

ペーパータオルを敷いた耐熱皿に入れ、ラップをフワッとかけレンジ600Wで約1分30秒加熱する。

2.アボガドは皮と種をとって荒く切る。長ねぎは薄い小口切りにする。

3.鍋にバターを熱し、長ねぎを炒めてからジャガイモを入れて炒める。スープを加え、煮立ったら蓋をして弱火で約3分にる。

4.3にアボガドを入れミキサーでなめらかになるまで攪拌する。牛乳を入れて混ぜ、塩胡椒で味を調え、左まず。

5.器に盛り、レモンやオリーブ油を少々欠けていただく。

消化の良いものと悪いもの

今日は一日中ムシムシした日でした。

この時期はお腹の調子を崩しがちです。

食べる前にお腹に優しいかどうか少しだけ考えて選んでみてください。

下痢のときに注意した方が良い食品書いてみます。

 

     消化の良いもの          悪いもの

穀類  お粥、くず湯、よく煮たうどん  赤飯、寿司、そば、ラーメン

芋類  じゃがいも、長芋        さつまいも、こんにゃく、しらたき

豆類  豆腐、高野豆腐、きな粉     硬い豆、納豆、おから、がんも、

    柔らかく煮た豆                                            油あげ

卵類  半熟卵、卵豆腐         固茹で卵、目玉焼き、生卵、すじこ

魚介類 たい、ヒラメ、カレイ、アジ   いわし、マグロ、サンマ、サバ、

                    うなぎ、イカ、タコ、貝類

肉類  脂の少ないヒレ肉、鶏ささみ   脂の多い豚肉、はむ、ベーコン、

    仔牛肉             ソーセージ

野菜類 人参、かぶ、大根、       たけのこ、ごぼう、レンコン、

    ほうれん草、キャベツ      ふき、うど、にら、セロリ、

果物 バナナ、りんご、白桃、      みかん、梨、いちご、レーズン

   くだものの缶詰          キウイフルーツ、スイカ

飲み物 牛乳、薄い紅茶、麦茶、    コーラ、サイダー、コーヒー     

    イオン飲料 

菓子類 ゼリー、ボーロ、ウエハース、  ドーナッツ、かりんとう、ケーキ

   カステラ                              

 

         小児科診療57:小林昭夫先生:下痢症と食事から

                                   

地震の後の分かれ道(生きがいの大切さ)

先月の地震から約一ヶ月が経とうとしています。

 

いつもと変わらずお元気な方。

いつもより少し気分が落ち込みがちの方。

7対3ぐらいの割合で見られます。

 

元気な方は地震は来たけど前と同じように生活ができていることや、

とにかく家族がみんな無事であったことをよかったよかったと話されます。

 

元気がない方は。。。

いつまた地震が来るかわからないことや、

地震直後のショックが強すぎて立ち直れず、

食欲の低下や不眠を訴えられます。

 

地震があったからこそ見えてきたその人の立ち位置やあり方。

同じ事象に対してどう思うかで見える事実が変わってきます。

 

話が突然変わりますが、

日経プレジデント8月号でなんと若返り入門という女子的な言葉を、

表紙に持ってきていました。

 

そこでインタビューされていたのは、

かの有名な三浦雄一郎氏。

 

三浦流の現役を続ける3つの秘訣が書いてありました。

 

秘訣①人生を賭ける夢=目標を決める

秘訣②おもり付きウォーキングを習慣に

秘訣③圧力鍋で食材を丸ごと食べる

 

 

 

やはり先人は抑えるべきポイントを押さえていらっしゃるなあと思いました。

 

田舎の診療所で長年仕事をしてわかったことは(お年寄りが大半)

身体だけを診ているだけではよくならないということです。

いかにしてその方達のモチベーションをあげ維持していけるかが大切です。

 

三浦流秘訣の①番が三次元的な対処よりも何よりも一番大切なのです。

 

若い人は未来に向かってモチベーションがすでに高くあるからいいのですが、

こちらに見えるのは大体が65歳以上のお年頃の方々。

 

 

男女問わずその地においてあるべきという役割に人生の大半を費やし、

振り返ってみたら何も残っていないという場合の壮年の方は注意していかないといけません。

知らないうちに深い落ち込みにはまっていることがあります。

 

人生を賭ける夢という壮大なことだけでなく、

幼い頃に好きであった趣味や分野の追求など、

好きな歌手やスターの追っかけでも十分エネルギーの源泉になり得ます。

それが素直にできる人はまだいいのです。

 

もう誰にも気兼ねすることもないのに、

自由に動けるはずなのに、

できない方もいらっしゃいます。

そのような場合には仕方ありませんから寄り添うしかありません。

 

もしその方が化粧っ気のない女性であれば、

許可を得てからお化粧を施します。

外側から変えていくの一つですが、

みなさんまんざらではない笑顔に変わります。

男性には残念ながらその手は使えないので残念です。

 

こちらの地元では80代になったらもう一花咲かせるよという目安があります。

80代になるまでにどんな生活をして過ごすかがとても大切になってきます。

加齢によって生じてくる変化にどう対応していくか。

自ら情報を手に入れていくことも大事なのですが、

できない方にはこちらからお節介情報局を開店します。

 

****今は熱中症なりかけの色々な症状で不調を訴える方が多いです。

水分補給をお腹がひえすぎないように気をつけながら、

水分補給をしっかりすることで復活されていきます。

うっかり熱中症気をつけましょう。

 

f:id:Assagioli:20190804214200j:plain