自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

季節の変わりめに増える便秘

今日は大人と子供の便秘に出合う日でした。

秋から冬にうつるこの時期、

便通の相談が増えます。

テレビのコマーシャルでも感冒と便秘と痔のものが増えてきます。

 

さて大人の便秘できた方は、

朝起きるころになるとしくしくお腹が痛くなり、

我慢できないほどではないけれど心配であると見えました。

一緒についてこられた奥さんに、

お父さんの日常生活についてきいてみました。

すると、

寒くなってから暖かい居間のソファでごろごろしながら、

テレビを見ていることが多いということがわかりました。

運動不足もありました。

食欲はいつもと変わりません。

 

なんだか心配そうな表情のせいか、

昔のお父さんよりも小さく見えました。

 

しっかりしている方でも、

自宅だけで自由気ままに話さない時間が多いと、

お花畑の状態に陥りやすくなります。

 

もともとは賑やかなところでお話しするのが大好きな方です。

 

介護申請のちデイサービス利用することをお勧めしたのと同時に、夏ほどは飲めていない水分量について常温か温めて1リットル/日は取るようにお話ししました。

 

水分が不足してくると、

お通じはあっても一回量が少なかったり、

便自体がころころ状態になったり、

おならがまず出てきません。

 

そのためお腹がプーンと張り出してきます。

 

腸管の中をガスが拡張するように移動するときに痛みが生じます。

 

とりあえず座薬もしくは浣腸で排出していただきます。

 

さて次は子供さん。

今日は健診がありました。

 

鼻水を垂らした子や、

泣いている子さまざまでした。

 

胸の聴診のちに、

お腹を触っていると、

先ほど説明したプーンと張り出たお腹が何人かいます。

 

一人一人診察しながら、

 

「お腹痛くない?」

「うん。」

「うんこ出てる?」

「今日はまだでていない。」

「おならはでますか?」

「あんまりでない。」

小さいけれどきちんと答えてくれました。

 

「お水飲んでる?」

「あんまり飲まない。ジュースなら飲むけど。」

「園にいる間に小さいコップ3杯お水飲める?」

「飲めるー。」

「毎日いいうんちが出るようにお水飲んでください。」

 

お花にはお水を毎日あげるのに、

味が付いていないの美味しいのを飲みたいなどの理由で、

自分で知らないうち病気を作りだしている一つだと思います。

 

野菜に含まれる食物繊維ももちろん大切です。

 

腸内細菌を増やしてくれる発酵食品も大切です。

 

でも基本はお水です。

 

腸管の動きも違ってきます。

 

忘れないで飲んでもらえたらうれしいです。

 

 

男性ホルモン‘‘テストステロン’’と運動

ずいぶん前にトライアスロンや長距離マラソンで、

心停止を起こしてしまう人が多くなるのではと、

いらぬお節介的なお話しを書いたことがあります。

 

そこにつながるお話しです。

 

走りすぎで男性ホルモンが低下してしまい、

その結果心停止などの状態を生じてしまうそうなのです。

 

病名としては、

運動ストレス性低テストステロン症。

 

テストステロン=男性ホルモンとして、

筋力の増加や骨格の発達を促します。

 

30歳ごろから少しずつ減少しきます。

 

女性のように更年期が目立つ人は少ないのですが、

かなりのストレスを受けた場合は、

やはり男性更年期と呼ばれる症状が現れます。

 

さて神奈川県にあるクリニックの先生が報告したお話は、

スポーツ大会でトラブルを起こした参加者について、

40~50代の60名についてテストステロンについて調査を行いました。

過去三か月間とスポーツ大会で怪我の経験のない健常者の方20名と、

クリニック通院中の加齢男性性腺機能低下症候群の10例を比較しました。

 

(トラブルの内容は死亡事故から捻挫まで多数あり)

 

その結果、日常の運動量(走行距離)が正常群では150㎞(プラスマイナス30km)/月、

正常群の加齢性男性性腺機能低下症候群(LOH)では46㎞(プラスマイナス11km)/月であるのに対し、

トラブル群では250㎞(プラスマイナス51km)/月と多いものでした。

 

加齢性男性性腺症候群(LOH)の症状チェックシート(後記)では、

正常群のLOHと診断された方は全般的に点数が高く問題を抱えていましたが、

トラブル群では睡眠と性機能のみで点数が高い特徴がありました。

 

心電図上の変化に乏しく事前に見つけることが難しいことが困難であったのです。

 

(前回の内容ではなんちゃってマラソンランナーの方が増えて、

動脈硬化があり、不整脈など時々生じていた方が起こしやすいのではという仮説を立てていましたが、見事に外れてしまいまし。た。)

その後トラブルを生じた群の方に、

3カ月安静にすることでテストステロン、貧血、LOHのチェックシート(AMS:aging male's symtms)の正常化が見られたそうです。

 

日常的な過剰運動が心臓に負担をかけていたこと。

同時に低テストステロン症を生じてしまい、

性腺機能低下をきたしていたこと。

その結果、スポーツ大会での心停止を何らかの影響を受け引き起こしていたと考えられるそうです。

 

性機能の問診がトラブルを生じさせない為の簡易スクリーニングと必要になると思われます。

 

LOHチェックシート

1.全体的に具合が悪い

2.関節や筋肉の痛みがある

3.ひどい発汗

4.睡眠トラブル

5.よく眠くなる、疲れやすい

6.いらいらする

7.神経質になった

8.不安感

9.身体の疲労や行動力の減退

10.筋力の低下

11.憂鬱な気分

12.絶頂期は過ぎたと感じる

13.力尽きた、どん底にいると感じる

14.髭の伸びが遅くなった

15.性的能力の衰え

16.朝立ちの回数が減った

17.性欲の低下

 

これらの質問に、ない(1点)軽い(2点) 中程度(3点)重い(4点) 非常に重い(5点)と点数を付けてみて、

総合計が50点以上=重度、37~49点=中程度、

27~36点=軽度、17~26点=なしと判断されます。

 

気になる方は迷わず専門の先生(泌尿器科)を訪ねてみてくださ

い。

 

マラソンやトライアスロンからのホルモン異常つながりでした。

 

 

 

 

 

バファリンと小児用バファリンは違うよ

 夏の疲れと秋の多忙で、

体調を崩される方が増えています。

 

一番健康でいてほしい方が今の時期やられます。

 

子育て中のお母さんとか、

二世代同居で孫の世話から家事一般担当のおばあちゃんとか。

 

近くに診療所があれば少し変だなと思った時に、

受診して予防を重ねつ事ができれば一番いいのですが、

皆さん全部がそのような環境ではありません。

 

そこでスーパーマーケットの近くにある薬屋さんへ直行です。

 

今の時期すぐ入口に山のように総合感冒薬が積み重ねられています。

 

一粒に様々な成分が含まれていて、

便利です。

 

でもちょっと待って、

含まれている成分の中には、

とにかく咳を止めんがためのコデイン(麻薬)や、

鼻水を止めるためのベラドンナが入っています。

 

ベラドンナ=毒っていうイメージが強いのですけれど、

もちろん毒にならなように量で作成されています。

 

確実に咳を止めるコデインには、

気管支ぜんそくになったことのある方は、

注意してください。

 

コデインの副作用に気管支の痙攣があります。

 

かえって咳がひどくなったり喘息の発作を起こす場合もあります。

 

数年前ですが、

土曜日の午後に咳がひどくなり、

医者が休みだから薬局で購入した市販薬を使ったそうです。

コデインがふくまれている感冒薬を内服した高齢のおばあちゃんがヒューヒュー言い出して救急搬送されてしまいました。

 

その方は普段はお元気にされていたのですが、

気管支ぜんそくの持ち主でした。

 

 

持病がある方は症状を確実に抑えるために、

複数の薬剤を一つにまとめたお薬より、

一つの症状に対し一剤というシンプルな対応のほうが、

トラブルを生じにくいと思います。(錠剤の数は増えますが)

副作用が生じたときに何が原因かの究明も可能です。

 

全然病気になったことないけどたまたま風邪をひいてしまったという超元気な方であれば市販薬でも大丈夫でしょう。

 

でもほら現代はみんなお疲れ。

 

お酒にたばこに過食にストレス。

歩く姿に力が感じにくいです。

 

大丈夫だろうという前提ありきで薬で症状を押さえつつ、

仕事に邁進。

 

その時は大丈夫かもしれません。

でも高熱で無理をするといいことありません。

 

休めないんだよと言われる方に多くお会いしてきました。

 

「明日、俺が司会なんだ。」とか、

「明日。私発表しなければならないの。」とか。

 

一人目の方は風邪を甘く見ていてお酒を飲まれ喘息発作で病院に搬送されました。

安静加療が必要なのに上のようなことを言っていたので、

ずいぶん前の若かった私は、

「死んでしまうかもしれない状態なんです。」と言って入院してもらいました。

 

もう一人の女性も血圧が下がって、

死にそうになっているのに、

「明日、明日、、、。」です。

 

なんでわからないんだよー。

 

怒りながら昇圧剤うったり、

点滴確保したりです。

 

でも治ってしまえば、

「ほら、大したことなかったじゃないか。」で締めくくられてしまいます。

 

死なないように怒ったりこっちのほうがハラハラドキドキものなのにのど元過ぎればの現実につかれました。

 

すみません、昔の愚痴です。

 

それから解熱鎮痛剤もできれば、

ピリン系(アスピリン)のものは避けてください。

 

筋肉痛などでよく使われるピリン系のお薬を、

同じ解熱鎮痛剤だからと言って安易に使わないようにしてください。

 

熱発時には小児用バファリンに使われているアセトアミノフェンというお薬が安全です。

 

でもこのお薬も脱水(下痢、高熱、水分摂取不可)があれば腎臓を悪くしてしまいます。

 

どんな時も脱水にはご注意をお願いします。

(常温で1日1.5リットルをちびちび飲みます)

 

で大人用バファリンアスピリンです。

 

同じ解熱鎮痛剤でもアスピリンアセトアミノフェンとでは異なります。

 

 

アスピリンを内服したときに起きてしまう怖い病気にアスピリン喘息というものがあります。

 

喘息のある方はとにかく市販薬では小児用バファリン

もしくはいつもの診療所のお薬を早めに手に入れましょう。

 

発作どころかアナフィラキシーショックという怖い状態も引き起こします。

 

外のことなら楽観前提でもいいですけれど、

一人暮らしで誰にも相談できない人の場合、

飲み合わせ次第ではとても怖いことが起こりえます。

 

くすりはリスク。

 

長年の疑問、

それは中身が違うのにバファリンという同じ名前を使うのでしょうか?(バファリンと小児用バファリン

 

長く親しまれた名前のほうが、

購買数の桁が違ってくるのでしょうけれど残念です。

 

市販薬(特に感冒薬)を購入するときは、

銘柄やCMの女優さんや値段や自分だけの判断に頼らずに、

常駐されている薬剤師さんによーく説明してもらうことが大切です。

 

喘息あるんですけど大丈夫でしょうか?って聞いてみるといいと思います。

 

薬剤師さんほど副作用の怖さを知り尽くしている方たちはほかに存在していませんから。

 

しっかり説明してくれると思います。

 

他の医療業務の人達より、

ずっとまじめな方が多いと思います。

 

だって膨大な化学式をものともせずみんなご存知なんですよ。

 

今は遠隔診療もあります。

クリニクスというアプリでスマホで診察を受けることができます。

スマホを使用している方は是非一度お試しください。

 

 

 

ブラック企業と熱発

三連休いかが過ごされましたか?

 

私は真ん中の日曜日に仕事でした。

 

連休の真ん中に休日診療所を訪ねる方たちってどんな人?

とおもいませんか。

 

基本みんな疲れ果ててもうどうしようもなくて見える方が殆んどです。

 

特に持病もなく体力に自信がある方が働過ぎてコントロール不良になった場合が多いです。

 

今回は熱発と尿路感染症の方が多く見えました。

 

3人ご紹介します。

 

一人は30代半ばの男性。

背が高く元気ならバリバリのサラリーマン。

おとといから38度台の熱発があったのに、

市販薬で熱を押さえて昨日一日働いていたと。

今日はもう身体がだるくてのどの痛みがひどくてご飯や水が飲めない状態で見えました。

お口の中をのぞいてみると白い苔のようなものがへばりついて大きくなった扁桃腺が見えています。

もうここまで来てしまったら内服薬では対応できません。

即入院のできる病院へ紹介です。

 

次は老人ホームから見えた80代のおばあちゃん。

お昼までなんでもなかったけれど午後二時過ぎに38度台の熱発。

ズボンの下をめくってみるともうすでにズボン下着用されています。

秋になり皆さん夏よりも水分摂取量が減っています。

その上温かい衣類に変化していて、

枚数も増えています。

当なら夏同じくらいの水分を取っていないと脱水=尿量減少が起こります。

おしっこの量が減ると膀胱にたまる量が少なく尿意を感じにくくなります。

尿は栄養たっぷりです。

逆行性に細菌が栄養豊富な尿を目指して這い上がり、

排尿の間隔が長引くほど細菌は繁殖してどんどん数が増えていきます。

膀胱炎から腎臓に炎症が乗り移り腎盂炎になって38度台の熱発が起こります。

でも日頃から食欲のあった方なので、

38度の熱発があってもしっかりした視線を保たれていました。

 

3人目は他県から朝4時に起きて子供の運動クラブの大会に応援に来た30代半ばのお母さん。

38度の熱発なのに、

大会に出る小学生の男の子と、

保育園の男の子連れ。

お父さんは?と聞くと別件で用事があっていらしていません。

お母さんは働いてもいるみたい。

何時休むのーーー?

運動クラブのコーチさん。

みんなオリンピックに出なきゃいけないの?

何で毎週練習あってこんな遠くまで試合に出なくちゃいけないの?

お母さんたちは疲れ果ててますよー!

誰か余力を使い果たしてしまうこの流れを止めることはできないのでしょうか?

学校の行事だけが日常の大切ではないですよ。

もっと親子の間の静かな時間や、

自分一人のんびりする時間も大切です。

何も考えることができなくするように、

時間が埋め尽くされるような予定が立てられていると、

外部の私は思ってしまいます。

一番目に上げた男性と同じように体を酷使しても滅私奉公してしまう最終的には過労死につながるあり方を教えているようにも感じます。

疲れたら休む。

普通に大切な事を注意していたら、

 そんなに怖いことは起こらないです。

保健体育の授業でもう少し保健のことを教えてあげてください。

 

骨密度も改善するのだ

今日は久しぶりの土曜日です。

 

勉強会やセミナーが多い土曜日なのでずっとお休みでした。

 

そんな日には土曜日にしかこれない人がみえると思いませんか?

 

ところが半分以上のかたは、

常に時間を持て余すほどの自由度が高い地元の方なのです。

 

私は怒ってしまいます。

 

皆さんは自由な時間がたくさんあるのになぜに土曜日受診なの?

 

「薬がちょうど切れたから。」

 

「息子が休みで送ってくれるから。」

 

そうですか、わかりました。

 

予約制にしていないこちらが悪いのです。

 

定期受診といえど確認することはしたいので、

話しが長くなると声が高くなります。

 

悪いパターンに入り込みそうになりますが、

このまま説明しても、

相手の懐の中には届きません。

 

本人が病気をしたり、

痛くなったりしなければ、

私がいくら注意をしても届かないのです。

 

そんなことが最近になってやっとわかりました。

 

でも今日は一つだけよい事がありました。

 

以前はいつも悲しいことばかり訴えていたおばあちゃんです。

 

一人暮らしですから、

どうしても自分の身体のことばかり考えがちになります。

 

それも悪いほうに。

 

ヘルパーさんが週に2回来てくれるようになって少し明るくなりました。

 

腰痛で整形外科に通院されていました。

 

この夏は今まで以上に食事に気を付けたそうです。

 

質も量も。

 

今までは自分の好きなものしか食べられていませんでした。

 

タンパク質50グラムのお話しをスライドでも説明した方です。

 

自分で体調管理をしっかりできそうな方には、

説明をしつこく口頭だけではなく、

作ったスライドを使いお話ししていました。

 

整形外科では4カ月に一度骨密度の検査をするそうです。

 

そこで初めて今までよりも骨密度の値が改善しているとほめられたそうです。

 

とてもうれしそうにお話しされました。

 

食事をしっかり意識しただけなのです。

 

薬の効果ももちろんありますが、

今まで内服していたけれどそのようなお話しは聞けませんでした。

 

食事と運動。

 

現実での変化を目の前で見せてもらえています。

 

 

 

 

 

食欲と回復のはやさ

今日は早めに冬タイヤに替えてもらいました。

 

今年はいつもより寒さが早いです。

 

金木犀の花が咲くのも2週間遅れていますが、

いつもと違う時は気を付けないといけません。

 

さて外界の寒暖の差から隔離された病室では、

患者さんがそれぞれリハビリをしています。

 

自宅で寝ころんで酒タバコやり放題の不摂生な生活から離れた父ですが、

その頃と違い改善したものがあります。

 

「食欲」です。

 

口寂しかろうと少しずつ運んでいくお菓子類をパクパク食べるのです。

 

家にいるときには見られなかった風景です。

 

午前午後と手加減されてはいるものの、

自宅で自由気ままに楽なことしかしてこなかった状態よりは、

運動を確実にする時間があります。

 

キチンと食事をする時間に食べるよう促されています。

 

規則正しい生活と毎日の地道な運動が運んでくれる食欲の改善。

 

これは頭でわかっていたとしても、

現実に変化しているところをみると感激です。

 

本当に人間はいつでも変化することができるのだと思います。

 

今日の午前中に見えたおじいちゃんもそうでした。

自宅で転倒してしまい骨折。

 

一時はもう寝たきりになってしまうのではないかという時もあったそうです。

でもリハビリ頑張ってお家に戻りました。

 

今日は娘さんと一緒に杖をついてガンバって歩いて見えました。

 

もう父のことがあってから、

80代以上の方へはここに来るだけで100点満点なんだからねと声掛けしています。

 

自然に出てしまいます。

 

若いときには何でもないことが、

転んで骨折しただけで人生一変してしまいます。

 

それを乗り越え頑張っている皆さんが存在していたのです。

 

タンパク質云々言っても食欲がわかなければ食べてもらえません。

悩み事があればなおさらです。

 

運動と言わず散歩や家事を毎日続けることも体調管理の基本になりますね。

 

 

 

 

 

 

外来通院日

今日は父の整形外来受診の日でした。

 

医療行為を提供していますが、

家族のために予約した時刻に外来へ向かうことは初めての経験です。

 

まず予約が決まった出時点で介護タクシーの予約が必要です。

 

父は歩くことができない状態ですから。

新しい病院ではボランティアの方がとても親切にいろいろ教えてくれました。

 

まず、患者カードを入口近くのATMみたいな機械に入れます。

行動の流れがかいてある紙が出てきます。

 

まず診察の前に、

骨レントゲンの検査を受けなければならいみたいです。

 

「11番のレントゲン室前でお待ちください。」

待つこと数分。

 

(同じように車いすのご主人の検査を待つ70代半ばの女性がとなりに座りました。

よーく見るとアイライン!!

こんな田舎で70代の方がアイライン!

世の中変われば変わるものだ。

とてもワクワクしてきて思わず声をかけてしまいました。

「目のお化粧は昔からされていたのですか?

とてもおきれいですね。」

「いいえ、孫に聞いて始めたんですよ。(にこっ)

お安いのがたくさん出てますからね。」

「とても素敵です。」

興奮してしばし話しこみました。

母親が生きていたとしたら、

アイライン=いやらしいものと見下すのが関の山です。

それなのに、

戦前生まれの方でもチャレンジされる方はいらっしゃる。

あー、今日の収穫はこれでした。)

 

お話ししているうちにご主人の検査が終わりました。

さよならをして、

父を検査技師さんのところまで連れていきます。

 

その後また整形外来の窓口まで。

予約票、患者カードの確認のちに、

中のほうの待合室で待つこと20分。

 

やっと名前を呼ばれて診察室に入ります。

 

「ここのところが少しへこんでいますよね。

今は特に痛みはないのですね。」

「はい、ありません。」

「骨折するまでお家の中では自由にされていたのですか?」

「はい、少し歩く速度は遅くなりましたが、自動車の運転もしていました。」

 

再診の予約をいただきこれで終了です。

 

まず痛みがなくベッド上でも動けることのありがたさ。

ご飯を自分一人でキチンと食べられることのありがたさ。

強く感じます。

 

介護タクシーが来るまで約一時間。

今まで会話したことのない親子の会話ができました。

父は植物が大好きです。

実のなる木、葉っぱが食べられる木。

植えても鳥や虫に先に食べられてしまいます。

今年は柿の実が少ししかついていないことを話しました。

年によってなったリならなかったりするからなあと一言。

中庭に植えてある木が伸びきっていて、

剪定されていないだとか、

あれはまだ若い木だとか。

こんな話するひとでしたっけー!という感じの内容ばかり。

病気はあまりいいことは運んでくれませんが、

今日の会話やただ待つだけの時間は、

今までにない心のゆとりを生み、

普段なら聞くことのできないお話しを引き出すことができました。

50年以上たってやっとできた親子の会話です。

遅すぎたけどもっと遅すぎなくて良かったです。

 

介護タクシーの運転手さんが見えました。

父の手足もすっかり冷たくなってしまいました。

来月の予約の時は11月。

てぶくろ、帽子、マフラー、レッグウォーマー

にダウンの用意が必要です。

車いすにじっと座っているとお尻が痛くなるそうなので、

低反発のクッションも必要です。

いつもの時間ない時間には、

いつもとは違うことが起こりやすいのかもしれません。

入院することや患者さんの立場になることは、

つらいことも多いけど仕事で忙しく動き回っているときには気が付かないことに気が付くことができます。

肩の荷を下ろすことができます。

ゆっくり休むための時間です。

 

今日は朝早くて大変でしたけれど、

良いときを過ごしました。^-^