自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

いつだって雲の上には太陽がある

今日は訳あって上京してます。

 

昨夜暴風雪情報の中地元を飛びたちました。

 

どんなに風が吹いていてもタイミング次第で飛行が可能なのです。

ありがたい事です。

 

私の田舎は半年まではいかなくても、

冬季はほとんど灰色の空です。

 

関西から嫁に来た母がいつもいつも愚痴りました。

 

「東京だったら今頃お天気なのにね。」

だからいつも寒い冬が来る前の秋が嫌いでした。

 

地元で育った私は秋が一番好きでした。

 

きれいなお花がたくさん咲いてくれます。

 

太陽なんか出ていなくても楽しいものは楽しいのにと思っていました。

 

でも今日改めて太陽の光の強さ、恵まれた天候のもとで、

それが前提で生きる人とそれが前提でない人では生活の質がかなり違う事を感じます。

 

前提が整えられている場合はイケイケどんどんで進むことがいつでも可能です。

 

整えられていない場合はその不足分を常に補充していかなければなりません。

 

自分が移動してしまえば問題ない事なのですが、

身軽でなければできません。

 

ただすべてには裏表があります。

 

北国の人間が少々の雨風雪にはびくともしないように、

困難な時に培われるものが必ずあります。

 

 

 

両天秤にかけてそれでもこちらを選ぶとしての行動の選択を常にしていかねばならないのだと思います。

 

目の前の事を自分の思う通りでないからと言って嘆いていた母のようにはなりたくありません。

 

つい最近までその手法を取り入れていたから楽しくなかったのです。

 

自分の考え方次第でなんとでもなると前提を変えていくしか、

困難の時は明る生きてはいけません。

 

困難を乗り越えて生きてきたはずの母ですが、

味方の少ない嫁ぎ先で考え方も悲観的になったのだと思います。

 

夫は仕事と趣味といつでもなんでも愛想よく対応する従業員に取られてしまいました。

台所のガス台にも難癖付ける夫です。(火力の強いコンロに変えて中国料理の材料を全部用意させて調理だけするという男の料理が大好きパターン)

嫌になりますよね。

テレビを見れば好みの女子アナの誉め言葉ばかり。

心温めるコミュニケーションなんてほとんどありません。

 

喧嘩をしないように努力するだけでは仲良くなることは難しいけど、

その世代は男尊女卑が当たり前。

 

子供の私はあきらめ半分頭の中で理想の家庭を妄想していました。

ないものねだりというものです。

 

昭和一けたの女性にとって家を出されたらもっと過酷な人生が待ち構えていたかもしれません。

でも見ただけではわからない夫婦間の愛情がなければ、

病床の母を最期まで介護できなかったと思います。

 

 

孤立して子供だけが頼りだったのに、

子供は言うことを聞かずせっかく用意したお見合いもすっぽかすし、

運転中に考え事をして死にそうな目にもあいました。

 

友人には相談をしたようですが、

娘の悪口をかなりいいまくりストレス発散できていたら良かったです。

 

冬なのに暖かい太陽の光が差し込んでくる窓の近くで、

冬の太陽を求めていた母のことをかいてしまいました。

 

 

外出許可

今日は少し大変でした。

 

元気になってきたのはいいのですが、

落ち着いて周りを見回している父がいます。

 

「おい、今日これからあのスーパーへ連れていけ。」

 

「お父さん、先生に外出の許可を取らないと出かけることできないよ。

雪道で車いすもあぶない。

ほしいもの何かあったっけ。」

 

「車の免許証と財布も俺が持つからもってこい。」

 

「今の判断力では車は危ないよ。」

 

と押し問答を繰り返しました。

 

先に書いた心と体のバランスが崩れてきたのです。

 

元気な時の父の愛情表現が買い出しでした。

 

食べきれないほどの食材を外出するたびに買ってきます。

 

認知症がないころからの傾向でした。

 

 父の入院で、

不器用すぎる父なりの愛情表現の一つである事がわかりました。

 

(何事も気が付くのが遅くてすみません状態で気が付きました)

 

スーパーに行っても購入したものは全部私が引き取ることになるでしょう。

お天気が良くなれば連れていくことも可能でしょうけれど、

インフルエンザ流行りだした今、

ワザワザかかりに行くことは避けたいです。

 

たまたま今日は父の好物を少し小分けにしてもってきていました。

 

その話題にすり替えて事なきを得たのですが、

婦長さんに相談しなければいけません。

 

療養型病棟に入院している事の利点は、

異常事態の対応がすぐに可能な事です。

 

先日の脳梗塞の発作などもすぐに対応していただけました。

 

もう一つの選択があり、そちらは看護婦さんが常駐していない為、

異常事態発生時にも、家族が向かうまで動き出せないのだそうです。

 

まああまりに遠くの場合は例外もあるでしょうけれど。

 

買い出しなどの外出は案外自由にでいるそうです。

 

でも、

今の父にとって一番のリスクは、

脳梗塞の再発作と転倒による骨折です。

 

あれほど水分補給を意識していても、

二日連続の外出によって麻痺が呼び起こされてしまいました。

 

ベッド周りは何とか自力で立ち上がり移動する事ができますが、

倒れた場合は自分一人で起き上がることができません。

 

筋トレを続けなければ今の状態も維持できませんし、

その指導も理学療法士さんが常駐する病院内でなければできないのです。

 

 

その反面自由は少なく拘束感があります。

 

人との触れ合いがある=拘束ととらえるか否かぐらいのレベルなのですが、

今まで「俺はお前に迷惑をかけてなんかいないぞ。」と豪語し、

自由に一人でいることを意識して選んできた人なので、

窮屈なのだと思います。

 

でも半分頓珍漢なことも言い出すため、

すべての要求を呑むわけにも行かないのです。

 

もう主導権は私が握らないとトラブル続出警報です。

 

でも少しでも父の尊厳を維持するための努力をしていきます。

 

外泊練習の後の発作でおじゃん二なった年末年始の外泊です。

 

三が日また日参いたしましょう。

 

 

 

 

 

みえないスキルの見える化

今日は朝早くから待合室が賑やかでした。

 

一人ずつお話しするのも大変なので、

診察前に自身のもっているスキルで、

子や孫に伝え残しておきたい事、

人様のお役に立てる内容の記事を集めていることをお話しました。

 

身体が体調良くても、

頭の中がネガティブだと人生楽しくないこと。

 

楽しく生きるためには人の役に立てることみつけようと、

それならばまず一番身近な家族、遠く離れて暮らすお孫さんや、

あまり話しをしなくなった子供へのメッセージを書いてみませんかと問いかけました。

 

どう生きてきたか振り返る必要が出てきます。

 

すると今はもう死ぬだけと思っていた人でも、

ガンバって生きてきたという自分をほめたくなる人生がごろごろ転がっています。

 

それに、

ある程度の年齢の方なら何かしら一つや二つ特技があるはずです。

 

 

いつもと調子が違うとみなさん好奇心満々。

 

「孫に電話かけてもすぐに切られてしまう。」との発言が出たり、

「実は本を書いたんだ。」と豪語する人も出現。

 

若い人にしてみたら話しが合わず注意ばっかりするうるさい存在なのかもしれません。

 

でもやはりみなさん仲間外れされたくはないみたいです。

 

いつもはどうせ理解されないだろうとだんまりを決めているけれど、

自己表現する場所ができると伝えただけで、

縋り付くよう表情がちらほら見えました。

 

自分からはあまり話さない猿や熊の駆除をしているかたも、

今日は面白いお話しをたくさんしてくれました。

 

都会にサルが出没する前から、

田舎では野生動物による害で困っていました。

 

最近の情報では、

(過疎地だからこそなのですが)

限界集落の民家の近くに熊が出たそうです。

 

外がガサガサしているので窓を開けたらそれそのものだったとか。

 

回覧板を配ることも危険なため市が問題解決に乗り出したそうです。

 

秋口から熊は全部で4頭仕留めたそうです。

 

90キログラムから120キログラムの大物。

 

仕留めた動物のお肉はキチンと処理していただいたそうですが。

 

なんだか大きな熊がすぐ近くまで来ていると思い怖くなりました。

 

はちみつや柿など民家近くにある好物に引き寄せられてくるのだそうです。

 

そういえばつい先日のことです。

朝早くに山中を通る際、

子連れのサルの集団に出合いました。

 

目があいましたが、さして怖がる様子もなく悠々と畑の野菜をつまんでいました。

 

民家のすぐそば。

 

国道のすぐそばの畑です。

 

困ったねえといいつつ採血をしました。

 

こんな感じで野生の動物の話で盛り上がったのでした。

 

いつもなら、

「大丈夫だ、毎日飲むお酒も美味しいし、

ご飯も三回きちんと食べてる。通事も毎日あるよ。」

 

いつも質問することへ問いかける前に、

答えを提示されます。

 

毎日のお酒を何とか減らしてほしいのですが、

これあっての人生と言われます。

 

炭水化物が占める量が多いのでバランスを考えてほしいのですが、

具体的な食事内容に入るまでに至らず、

(食事内容まで説明するのが面倒だし余計なことを言われたくないから)

終わってしまいます。

 

サルや熊が出ると呼ばれて退治するという仕事の流れなので、

食事をする時が時間通りに行かないと思います。

 

空腹で食欲が増してしまいます。

 

できればお腹がすきすぎないように、

お菓子や栄養補助食品を合い間に取り入れていくと、

塩梅が良くなるのですが、面倒なのです。

 

でもこれからますます必要となる分野のお仕事です。

 

体調管理もますますしっかり指導していきたいです。

 

過去の書き直し

今日は先輩の女性との仕事がありました。

 

最初の時に感じた怖さは今はありません。

 

初めてお会いする方の場合、

怖い感じの人をみるとどこかで見張られているような感じを受けてしまいます。

 

なぜそんな風に感じたり思ったりしてしまうのか移動中に考えていると、

夫が亡くなってすぐの事柄が思い出されてきました。

 

思い出したくないイヤーな思い出です。

 

相手が弱っているとき、

追い打ちを書けるように負荷をかけてくるというのは、

相手のことをそれほどにもにくいのかと考えてしまった事柄です。

 

相手は小さいころからの天敵ともいえる幼馴染。

 

物心ついたころから、

こちらを睨むのが目印。

 

頭の中でもその人を思い出すときは、

睨んでいる顔しか浮かびません。(レッテル=にらみ。。。)

 

まあ天敵だから仕掛けたのかもしれません。

 

久しぶりにお天気なお昼頃でした。

自宅前の曲がり角から彼女が姿を現しました。

 

私がどんな状況なのかは知っています。

 

私も仕方ないですから普通に挨拶をしました。

 

そこまでは普通。

 

ところがそのあとに続いて出た言葉が、

うーん開いた口がふさがらない内容でした。

 

「私の旦那貸すよ。」

 

耳を疑いました。

 

相手が弱っているときに、

言葉上も何というか何というか、

あいた口がふさがりませんでした。

 

言われた直後はあまり感情は動きません。

 

なぜあんなこと言うのだろうと考えていくうちに、

相手のこちらに対する長年の恨みを晴らしたんだなあということがわかりました。

 

私は相手に何もしていないと思っていましたが、

何かしら面白くないことをしていたのかもしれません。

 

父の愛人もどきの従業員の方と縁戚関係があると知ったのはそれからずっと後のことです。

 

この人だけとは絶対に親族関係になるものかと必死になりました。

 

どんな要求をのまされるかわからないからです。

 

妄想が膨らんでもう恐怖の渦に飲み込まれてしまいました。

 

授業員の方がにくいわけではありません。

 

でもいつもどこか母が生きているころから、

機が熟すのをただ待つだけという風に存在されていました。(と思っていた。)

 

こんな時の父は父ではありません。

 

ただのえろい男です。

 

丸投げして楽ちんな方の味方になります。

 

(面倒なのがいやなのはわかります。

この段階で父は生活協同者としてしかあてにしなくなりました。)

 

私に対しては、

「被害妄想だ。」の一点張りです。

 

院長の鶴の一声で仕事を大量にされ、

時間外も何のその。

いつもガンバってるぞサインがこうこうとついています。

 

月末はいつも夜遅くまでいらっしゃる姿を見せられました。

 

中に入ってよーく見ていくと、

父の丸投げを少し改変されています。

 

仕事内容の改善というよりは、

仕事をするような形で時間稼ぎをしているようにしか見えませんでした。

 

①同じことを繰り返す。

②一つの作業にとにかく時間をかける。

③やらなくていい部分も同じように手間をかける。

④費用対効果を考えない。

 

でも結局トップが仕事全体の改善を考えていないからの、

苦肉の策であるということは後から私もわかりました。

 

自営業であれば現状維持ではなく、

少しでも進化していかなければいけません。

 

院長は父です。

 

私は従業員で権力はありませんでした。

 

そんなこんなの過去が思い出されめまいがしました。

 

家を守るとか(母の無念をはらしたい?)、

居場所を守るとかなんてしないで、

その時にもう自分のために行動していれば良かったのかも知れません。

 

私にとって家は幸せの象徴でした。

でも現実は違います。

 

いつも頭の中カオス状態になりながら頑張っていたと思います。

 

いつも外が灰色で、

こちらを攻撃してくる人ばかりに見えました。

 

相手を怖がって親しく接してこなかったことも要因かもしれません。

 

誰だって嫌われたくはないですから。

 

こちらが恐怖のために避けていたことが、

相手に取っては真正面から嫌いって言われてるよう感じてたのかもしれません。

 

思い込みが激しいことは時として作らなくて良い敵を自ら作りあげてしまいます。

 

愛人もどきであったのかどうかは今の父の状態を見ればわかります。

 

田舎で頑張ってた時に、

憩いの泉になるような人がいたって良かったんです。

プラトニックが一番家族には頭に来るけど。

 

(ごめんね、お父さん)

 

でも私はわからなかった。

 

自分(母を含む)のほうを向いていてほしかった。

 

嫌な人だとはなから思い込んでしまうと、

なかなか思いが離れなくなり、

現実に被害を及ぼすこと繰り返してきました。

 

幼稚です。

 

目の前の仕事ばかりこなして、

自分の精神性を育ててこれませんでした。

 

アー何ということでしょう。

過去を思い出して自分の幼稚さゆえの出来事が多すぎました。

 

仕事ばかり優先しているとこんなヘンテコな人になりますから注意してください。

 

 

素敵な髪型

今日は雪の中外での仕事がありました。

 

夜遅くならないうちに終わることができたらなと甘い気持ちで臨みました。

 

久しぶりにお会いする年上の女性とのお仕事でした。

 

「今晩は。」

「???」

「今日は少なくてすみそうですね。」

「あっ、ハイ。そうですね。」

 

一瞬どなたかわかりませんでした。

 

少し緩くかけたパーマ(素敵でした)、

きびきびとしたお話の仕方はいつもの通りですけれど、

お化粧されて見違えていました。(!!!)

 

なぜにこんなに驚くかといいますと、

ものすごーいまじめでひっつめで頑張ってらした方なんです。

(お洋服も少し柔らかい感じのものになっています。)

 

少しでも不真面目に答えようものならキキーッといわれそうなくらい最初の印象は強力でした。

 

でも今夜のその人は、

その時とは全く違ってらして若々しく楽しそうで、

なんでも聞いてくれそうな女性に変身されていたのでした。

 

なにがそうさせたのかはわかりませんが、

とにかくめでたいと思いました。

 

つい最近始めた患者さんへのお化粧でその効果を知っているからです。

 

中身が大事だと固執してかまわずに来てしまったうん十年申し訳ございませんでしたで、

毎日鏡に私も向かっています。

 

塗る前と塗った後では表情の明るさが違います。

(コンチクショーです)

先輩も何かのきっかけでおシャレすることにしたのだなあと、

良かったなあと思いました。

 

だってその方だけがうれしいのではなく、

その周りの方たちにも嬉しさが伝染して、

どんどん周りが明るくなっていくからです。

 

人生100歳時代で、

「もう死ぬだけだ。」なんて言っていられないのです。

 

どうせ生きるのであれば、

楽しく明るく生きていきたいし、

それによって少しでも周りの役に立つことができたらいいではありませんか。

 

人になんといわれようと、

あの世へ旅立つ時に後悔ばかりでは悲しいです。

 

人の迷惑になるとか、

なんだかんだ考えすぎです。

(あんなまじめな方が、、、精神的にもうどうでもいいからやってしまえでないとできない行動であったと推測いたします。)

 

だーれも自分に夢中で関心なんてありません。

 

上に立つ方です。

影響はかなりのものだと考えました。

 

 

C.ロナウドのポスター効果

以前にも書きました。

 

C.ロナウドが宣伝しているEMS。

 

筋トレしてほしいと思って、

勇気出して購入したのに説明不足かほんのわずかしか活用できていません。

 

でもEMSの宣伝用にC.ロナウドのポスターがあったので、

待合室にこれ見よがせに貼ってみたのです。

 

するとやはり筋肉美をこよなく愛するようなおじさんが、

まじまじとC.ロナウドのポスターをじっと見つめているではありませんか。

 

「お父さんこの人知ってる?」

 

「サッカー選手だろ?知ってるよ。」

 

「この筋肉すごいよね。」

 

「ここにこんなポスター貼ってるからどうしたんだと思ってね。」

 

「この人、こんなに筋肉あるのにもっと筋肉つけたくて機械で筋トレしてるの知ってる?」

 

「へー。」

 

「この人が使ってる筋肉つけるための機械と同じ仕組みのものがおいてあるから貼ってみたの。」

 

「ふーん。」とやはりポスターには興味を示すけど、

自分自身活用してみようというところまでには至りません。

 

熱心に見ていたお父さんは根っからの働きもので、

マグロのように常に動いていないと落ち着かない方です。

 

動きすぎて過労傾向にある場合もありますが、

いつものごとく休養するように言ってみたところで聞くはずがありません。

 

奥さんもいつも心配されているのですが本人はいたってどこ吹く風です。

 

身体の弱い人へ活用してほしいために開発されたEMSによる筋トレですが、

このお父さんのように動きすぎていつも船をこぐ(ねむそーにしている)方にも休養かねながらの筋トレEMS。

 

チョットいいじゃないですか。

 

少し切り口が変わりますが、

休みながら筋トレできるという一面、いいと思いました。

 

冬になり老人車や杖をついて移動する方たちは、

雪が降るとほとんど外出できなくなります。

 

自宅でできる運動、する運動もDSの厳しい内容に比べたらほとんど遊んでるに近いと思います。

 

自分一人だと面倒なこと、疲れること、きついことはしたくありません。

 

苦肉の策ですが、

そんな時でもEMSなら、ベルトを巻いて寝るだけで、

筋トレが可能なのです。

 

心臓や肺が弱い人対象に声掛けしてきましたが、

今日のおじさんの熱い目線で、

少し切り口を変えて声掛けしていこうと思いました。

 

夜の立ち話と血圧

今日は道路が真っ白になりました。

 

昨日一晩でかなりの雪が降ったのです。

 

昨夜寒かったはずです。

 

さて昨日のことです。

午前中診察に見えた方から、

夕方にも電話が入りました。

 

診察時には訴えていなかった肩こりですが、

痛みがひどくて夜眠れないのではないかという相談でした。

 

いつも通りお話しを聞いていきます。

 

いつものインアウトはOK。

 

負担になるような家事労働なし。

 

なんででしょう?

 

「夕方になって防寒せずに外出とかしませんでしたか?」

 

「そういえば玄関先で10分ぐらいの立ち話をしました。」

 

お客様が見えて玄関先でのお話し。

 

暖かい地域では考えられないかもしれません。

 

こちら寒い地方では、

案外血圧が急激に上昇したり、

肩こりやら首周りの痛みやら筋肉痛を生じる原因なりうるのです。

 

とにかく痛みを対症療法で抑えないと、

不安と痛みで血圧のコントロールが悪化します。

 

以前は直接血圧を下げたりしていた時期もありますが、

かえって副作用のほうが大きいことがわかり、

血圧は安易にいじることはできません。

 

お家にある鎮痛剤を内服していただき、

とりあえず今日は入浴などはせずにお休みしていただくことになりました。

 

この時期は、

血圧のお薬を飲まれている方はいろいろこまやかなところでの注意が必要です。

 

外出するとき、

屋内でも外気が入り込むようなところでは防寒必須です。

 

下肢筋トレは今までにも十二分お話ししてきましたが、

上肢の肩こり予防の運動も忘れがちです。

 

今はやりのかご編みや、毛糸の編み物に夢中になったり、

冬の手仕事は案外くび肩に負担がかかります。

 

お仕事始める前にタイマーセットして、

30分おきぐらいに適当な運動を取り入れて、

筋肉痛予防してみてください。