読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

いびきと狭心症

もう10年以上前のことです。

 

朝早く電話が鳴りました。

 

「左の胸が突き刺さるように痛くなって治らない。」

 

いつも元気な働きもののお母さんからです。

 

すぐに来てもらうように伝えて心電図をとりました。

 

ところがその時にはもう何の症状もなく、心電図でも異常は見つかりません。

 

でも疲れたころの朝おきがけにしばしば生じる左の胸の痛み。

 

 

お母さんは不安のため専門病院で精密検査を受け

ました。

 

そこで名づけられたのは攣縮型狭心症もしくは異型狭心症

 

一昔前の教科書には狭心症といえば必ずこの名前も含まれていました。

 

血管は狭窄もないし、血圧も問題ない人なのになぜか起床前に生じやすい傾向がある狭心症として説明されていました。

 

本人はわかりませんが、いびきをよくかく人は呼吸もしばしば止まっていることがあります。

 

睡眠時無呼吸症候群と呼ばれます。

 

この病気によって高血圧症や、糖尿病、高脂血症など、

は悪性腫瘍を生み出す素地としても注意が呼び掛けられています。

 

このお母さんもイビキをよくかく人でありました。

 

それはかなり後になってから情報が入りました。

 

当初、いびきによる無呼吸と狭心症発作は結び付けられていません。

 

でも無呼吸状態が長く続くことはすなわち酸素が十分にいかない状態です。

 

狭心症と起きてくる発端は異なっても、同じ胸痛を生じてきてしまいます。

 

日常生活の些細なことが思わぬことを引き起こしている可能性があるお話しのいい例です。

 

いびきをかくよと一度でも言われたことのある方はぜひ、

簡単な検査でどのくらい呼吸が止まっているかがわかります。

 

いろいろな病気が起きてからではなく、

早いくらいに検査してみるといいですよ。

 

 

 

戦って20年(嫁姑問題の弊害)

北朝鮮がらみの物騒なニュースが飛び交いますが、

こちらは家庭内での戦いの弊害です。

 

今現在は足の力が弱くなって家族に頼りきりのお母さん。

それは昔昔大切に大切に育てられたお嬢さんでした。

嫁ぎ先になじめなかったのかもしれません。

孤立したまま年を重ねてしまいました。

 

田舎はよそ者が来るとまず反応を見るのかどうか、

いじめからかいがありました。

 

私の母もよそ者なのでわかります。

 

「どこの馬の骨がきたんだ。」とか、

「化粧して男だましたのか?」とか。

きちんとした大の大人がお嫁に来たばかりで右往左往している

20代の女性に言う言葉でしょうか。

 

家族にはやさしいけれど、

見ず知らずの他人には、特に利害の対立がある場合は、容赦ありません。

(身体は大人でも精神は小学生以下。)

 

そんな中、幼少時から流れ弾かいくぐってきた自負がある私です。

 

さてそのお宅も最初は我慢していたお嫁さんが、

体調も悪いためお母さんのわがままを聞いていられない状態になりました。

 

二人だけだと陰鬱~物騒な空気になりやすいため、

第三者たる私が往診(転んで腰痛があったため)にお邪魔します。

 

お母さんを診察すると、

確か腰が痛いはずなのに自分で起き上がれます。

 

脊椎を打診しても痛みはありません。

骨折なし。

「お母さん、骨は折れていないよ。」と声掛けするけど、

への字口のまま。

 

「面倒かけて迷惑かけていくなら生きていたくない。

早く死にたい。」。。。。。

 

「口を開けば死にたい、死にたいって。聞いてるほうの立場にもなってください。」

 

「嫁としてできることはご飯を作ってあげることと、洗濯や、掃除やお母さんのみの回りのこと最低限ちゃんとしてあげるけど、

今まで相談したりお話ししたくても、

つれない、拗ねたお返事ばかりであったから私はもうお話しを聞きたくありません。」

 

ひとしきり二人の銃撃戦の中にたたずみました。

 

少し落ち着いたところで、

 

心屋さんの歌を引っ張り出してきました。

みんなお母さんやお嫁さんだけ悩んでるのでないよ。

今こんな歌うたってる人もいてね。とかなんとか。

(ほんとは難波花月のパンツミー見せたかったけどそこまで、

空気が軽くならず。)

田舎でスマホ持ってるのは30代前半から。

ガラパゴス

スマホで目の前の現実以外の、

別の世界とつながり空気が変わるのに、

むずかしいから、

高いからなんだかんだ言い訳の山で持とうとしません。

 

♪よーく、頑張ったね。よーく、我慢したね。♪のアレをながしてみました。

 

とにかく頑なになってしまったお母さんとお嫁さんの心をほぐさねばなりませんから、

スマホで魔術師になりました。

 

でも聞き耳持たず。

お嫁さんは銃撃戦を続けます。

 

お母さんは二人の時には言わないごめんなさいをいいました。

 

おかあさんは80代だけど心の中はお嫁に来た当時、

たぶんいじめられたり悪く言われたり、

孤立する原因になったことを抱えたままのお嬢さん。

 

お母さんに「お嬢さんで自分がみっともなくなるの嫌なんだよね。」と聞いてみたら、

うつむいていた顔をあげてくれました。

 

「今もその頑なさだと日常生活をのんびり過ごすにはハードル高すぎだよ。」

「私なんかお嬢様でない。ただの百姓の娘だ。」

「大きなお百姓さんの娘さんで、旦那さんに恋われてお嫁さんに来たんでしょ。」

 

色いろそんなことを話しているうちに、

お顔が上に向いてきました。

「お母さん、腰も大丈夫だし、明日DS行ってきてね。」

「はい。わかりました。」

 

死にたいということしか考えられなくなるような環境の淀み。

何とか流れがよくなるように、

新鮮な空気が流れるように導くだけで悲しみが少なくなります。

 

田舎に住む人はガラケーでなくスマホが必需品です。

戦いを終わらせる一つになってくれます。

 

主婦湿疹

冬に多くみられる皮膚の状態ですが、

常に水仕事をしなければならない子育て中のお母さんや、

美容室の店員さんは、

指の関節のところがぱっくりと皮膚が切れまくっています。

 

水仕事が毎日ある→皮膚のバリアが壊れてしまう→ぱっくり

傷が治る前に水仕事→再びぱっくり。

 

外側からの治療は消毒と塗り薬、手袋の着用など。

 

でもその前に確認をしておくことがあります。

 

食餌や水分は十分に取れているでしょうか?

 

「治らないです。」

「痒くて知らないうちにかきむしって傷つけたりもするんです。」

 

そんな言葉を言われる方は大体皮膚が乾燥状態。

 

仕事や子育て中で忙しく、自分の身体の体調管理もままならないのです。

「水分も一日500ml取れたらいい方かな。」

「仕事中はお昼も何もなくておにぎり一つで朝から晩までのことがざらですよ。」

などなどお話しを聞けば聞くほど出てきます。

 

肌のバリア機能は血流の良しあしで決まりです。

 

循環が悪ければ、脂腺からの皮脂が十分に分泌されません。

 

乾燥によるかゆみ→かき壊し→修復中だけど痒くてかき壊し

を繰り返して、慢性の炎症化を引き起こしてきます。

 

色素沈着や、炎症の繰り返しによる苔癬化。

 

炎症を治すためには十分な栄養が必要です。

もう今までもうるさく言ってきたタンパク質。

 

外側からの治療だけでなく内側からの栄養補給も大事ですよ~。

 

 

 

 

 

 

win-winの関係(筋トレの場合)

今日は久しぶりにみえたおばあちゃんがいました。

 

「夕方になると足がむくんで困ってる。」

 

「家の中だけでも歩いてる?」

 

「腰やら足やら痛いのにトイレに行く時ぐらいしか歩きません。」

 

となりで話を聞いていたお嫁さん。

 

「うちでも歩くように言ってるんです。

だけどなんだかんだ理由を言っていうこと聞いてくれません。」

 

「あなたたちは若いからそんなこといえるのだ。

年取っていたいところばかりになったら動きたくてもうごけません。」

 

このような会話、確か10年以上前にも聞いた覚えがあります。

 

その時はまだおばあちゃんは毎月外来に自分で見えていました。

 

昼日中お留守番をするので、外には出かけられない、孫たちの面倒を見なければならない。

 

確かにとにかく言い訳を並べてました。

 

でもその言い訳に負けてはや十年。

 

おばあちゃんはますます動けなくなり、

足のむくみもついてきてしまいました。

 

リハビリ指導をしてもらえるデイサービスに行ってみようと提案しました。

 

私もわがままいっぱいにさせてしまったことへの反省です。

 

筋肉は自分で動かなければしっかりとついてはくれません。

 

近所にジムがあったり、市町村で必死に取り組んでいるのであれば話はまた違ったのかもしれません。

 

私の指導が甘いのかもしれ戦が、

家の中で動けなくとも権力を握っているお年寄りは、

わがままを通す傾向があります。

 

その発言力は絶大です。

 

寄り添って話を聞くなどの努力はしてみますが、

力がおよびません。

 

しかし今回は、この方だけでなくわがままを通しぬいた方が、

自覚症状がなくても実は変化が生じていた事例(悪い方へ)などもあり、

有無を言わさずデイサービスに参加する様お話ししました。

 

動けなくなってからのリハビリは痛いし、大変です。

 

でも今が一番動けるようになるチャンスなのです。

 

物忘れもなく、まだまだ元気でいてほしいという家族と同居もされています。

 

なんとかデイサービスに参加して少しでも、

動けるようになってほしいものです。

お肉と野菜は必ずセット

3月始めからタンパク質の話をしてきました。

 

このことを友人にたまたま話す機会がありました。

 

肉ばかり強調しないほうが良いねと、

釘を刺されました。

 

どうしても私の話し方では、

これさえあれば大丈夫的なお話しに聞こえてしまい、

(昔のみのもんた的)

取りすぎてしまう可能性が大有りというわけです。

 

その友人は、アーユルベーダや中医学に詳しく、

動物性のものはもとより好みませんが、

受け取る人も受け取り方も、

十人十色ですから気を付けてこれからは話を進めていかなければなりません。

 

タンパク質という考え方も三次元的で、

身体の中はブラックボックス状態で、出し入れを計算しているわけですから計算通りにはいきません。

 

特に、若く筋肉質の方で、日頃から運動をして、野菜もしっかり食べているのであれば大丈夫と言われました。

反対に、冷え性で運動不足の人にはあまり積極的にはお勧めできない。(お年寄りはみんな運動不足ではないですか!)

 

なぜか。

老化は身体が劣化して生じてくるものだからです。

劣化=酸化=錆びる

動物性タンパク質の取りすぎはこの錆を早めます。

 

単に身体の基本になる栄養素が少ないからという観点だけではとらえきれない部分が多くあり、

着目することは良かったのですが、

付随して、

きちんと野菜をとること、

運動すること、

水分をしっつかりとることなど条件を付け加えないといけません。

教科書的には栄養学ではそのことだけを説明すれば終わりですが、

臨床の現場では数合わせばかりでなく、

全体像を考えなければいけません。

 

今回は、あまりに教科書レベルから程遠いタンパク質摂取量に驚き説明を急ぎすぎました。

 

もう少し血液検査も合わせて検討しなければなりません。

 

そんなこんなで、準備万端に使用とすれば、

説明はくどく細かくブログに上げるような内容ではなくなります。

 

こんな風にすればいいよと話したいだけなのに、

いろいろな面から見るとどんなことも片手落ちで、

不完全です。

 

不完全だから書き続けて訂正追加削除などを加えていかなけれなならないのです。

 

というわけで、タンパク質をとる際は、

タンパク質を確実い摂取した後に野菜をとりましょう。

 

(となると、野菜の種類やとり方十人十色、うーん。)

糖尿病の食事指導でよく言われるのは、どんぶりいっぱいのキャベツの千切りだったり、玉ねぎスライス一個分であったり。

ジャガイモやカボチャなどの糖質の多いホクホク系より、

繊維質の多いものを選びます。

スムージーも手頃ですが、

東洋医学的には冷えや、西洋医学的にはカリウムの取りすぎなどが懸念されるため空腹時特に起き掛けに摂取することは、運運動足で低体温気味の方には向かないようです。

何事も適度という条件が加わりますね。

 

 

 

 

 

ぴんぴんころり

毎日こちらに見える方たち(70代以降の方)の食事内容と、

タンパク質の不足分の計算をしてい るときに思いました。

 

ほんとはこんなことばかり伝えたいのではない。

 

トラブルがなぜ生じてくるのかを知ってもらいたくて、

その原因が食餌にある事わかってもらいたくてやってる。

 

目の前のことをただ一つ一つこなしているんだと思いながら。

 

だって、食餌は人生の楽しみの一つ。

 

それを横やり的にあれこれ言われて楽しい人なんていません。

 

だんだん話を聞いてるうちに不機嫌になる方も続出。

 

でもなんとなく栄養不足だなと感じていらした方が殆んど。

 

タンパク質ってお肉でしょ?食べ過ぎると生活習慣病になるイメージが強すぎます。

 

特老やグループホームに入られている方の食餌はしっかりタンパク質が40グラム毎日含まれています。

 

だからお肌つやつやです。

 

でもどうせなら、頭がしっかりしているときにこそ、

身体の状態がよくなければ楽しくないのではないですか?

 

自分が生きているかどうかもわからなくなってしまってから、

栄養管理しっかりしてもらって元気なのは少しかなしすぎる。

 

だって認知症だって、好き嫌い多い方、食餌の偏りの多い方が先に起こってきている傾向があります。

 

みんな、お花や野菜を作っているのに、

自分のこととはとらえない。

 

栄養不足のところや、岩だらけの土地、日当たりの悪い場所では、どんな作物や草花だって育ちにくくなります。

 

十分に栄養をやり、日当たを考えて、畑の石ころをとりのぞく。

 

毎年春先に、あちこち痛くて皆さん見えるのは、

 

畑に命かけてるから。

 

同じことを自分にもすればいいだけなのです。

 

 

お話しを聞けば聞くほどど皆さんタンパク質不足。

 

お昼御飯が一番手抜き。

 

丼もの。そば類。ラーメン。

 

身体の中身の薄さが、

何となーく外観でわかるようになってしまった。

 

顔の輪郭がぼやけてくること。

 

瞼が少しむくみやすくなること。

 

歩くことが不安定になること。

 

溶媒と溶質の関係。

 

タンパク質が少ないと薄くなるのです。

 

筋肉が痩せてくるのです。

 

歳のせいにしないで、

食べられなくなったのであれば、

まず一口目は野菜ではなく、タンパク質を食べましょう。

 

食事の最初に野菜を食べていいのは、

筋肉質で太り気味のダイエットが必要な方。

 

食餌を取る量が減ってきているのに野菜を先に食べてしまったら、お腹がすぐに満杯になり、一番必要なタンパク質がますます取れません。

 

後これは大事なこと。

タンパク質ばかりたくさんとると腎臓に負担がかかります。

BMI=22ぐらいの標準体重を求めて、

その体重一キログラム当たり、

(腎機能が正常の場合は)1グラム

(腎機能が低下してる場合)0.6~0.8グラム

を掛け算して最低限必要なタンパク質量を求めてみてください。

 

腎臓の専門の先生、体重一キログラム当たり2グラム以上はとらないようにと釘を刺されています。

それから、十分量の水分(ノンカフェイン)をしっかり取ってください。

 

文章だとまわりくどくて、伝わらないかもしれないけれど、

かもっと簡単にわかる動画を載せられたら乗せてみます。

それが今の目標。

 

自分で自分の身体作り直しましょう。

 

ぴんぴんころりの基本です。

 

停滞の原因

1.引き延ばす(必要以上に時間をかける)

2.同じことを繰り返す(枝葉のところでグルグルしている、まとめない)

3.必要のないところも同じように扱う(年一回の総入れ替えという理由でしなくてもいいものまで取り換えたり作り変える作業)

4、新しい事を取り入れない。

(時代の変化に追いつこうとしない)

5.作業内容の確認で自ら作り出す必要のないものという認識を持たず、外注できるものをしない。

6.自分のする行為によって、どのような影響が生じるか考えない。(責任をとらない)

 

10年以上前に、旧式と戦ってた時に気が付いた点です。

新しいことを入れればよいというわけではありませんが、

長となる存在が部下に丸投げした場合、新しい視点がもてなくなり、

井の中の蛙になるとこのような悪循環が生じてきます。

職場は自分たちのためのものと化し、

サービスを受ける側の意識を想像することができなくなります。

 

身体もいろいろな組織の組み合わせです。

メンテナンスしていく際に自分自身の場合にも注意したい点です。