自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

認知症予防


今日は認知症の勉強会がありました。


これから増える認知症の割合。
大きい視点からは起きてしまっての対処をとにかく速やかにしていこうと言うお話が主体です。


それでも追いつかない現実がやってくるからです。


医療従事者の疲弊がシステムの不安定さを暗示します。

医療サイドからのヘルプを出すことはできないのでしょうか?

田舎で20年診療してきた中で、

家族のため、会社のために身を粉にして働く方達が、

病に倒れて行く姿を見てきました。

ほんの少しでいいから自分の身体の悲鳴に耳を傾けることができていたら、

病気が体を蝕み取り替えしのつかない状態にまで陥ることを避けることができたのではないかと思います。

 
なんとか元気な年代から取り組むことはできないものなのでしょうか?

 

認知症は脳の病気。

脳へ十分な栄養が届かない上に(酸素やタンパク質と脂質などの不足)、
老廃物も速やかに排出されない(睡眠不足や脱水)と起こってきます。

 

水分と評して利尿効果のある美味しい飲み物ばかり取られていませんか?

手持ちぶたさにタバコを口に運んでばかりいませんか?

手軽だから味は美味しいけど、

あんまり栄養のないジャンクフードやカップラーメンばかり食べていませんか?

美味しいものや飲み物取られていいんです。適度なら。


仕事で頭も体も仕事に過剰適応した状態にさせてしまって、
ことが起きてからの対処しか前面に出てこない。


仕事のための身体じゃないよ。
自分の人生生きるためのものなんだよ。


栄養のバランスの取れた食事をとる暇なく仕事して、
頑張って気がついたら物忘れでは悲しいです。

 

年寄りの話だろではありません。
どの年代にとっても毎日の過ごし方で回避することができるのです。

 

まずはお水とタンパク質、
お酒を飲まれるときはビタミンB1たっぷりの豚肉食べて、
脳にストレスなく酸素が届くよう
楽しいダンスはいかがでしょうか?

f:id:Assagioli:20200210221248j:plain

 

体調管理のルーチン化の重要性



世の中にはいろいろな人がいます。
自分のためにしっかり時間をかけて、健康管理ができる人。
時間はたっぷりあるけど体調管理には関心のない人。
自分以外の人にエネルギーを注いで、
自分のことは後回しになってしまう人。
ちょうどよくバランス取れてる人。

先日超お忙しい立場にある方を訪ねてきました。
足首をくじかれても、
咳が出てしまっても大事な心打たれるお話をされ、
お客様をもてなすために夜遅くまでお話しをされていました。
お客様にとっても、
その場所の皆さんにとっても、
その方のご家族にとっても、
大切な大切な方です。

その場が大きな1本の木だとすると、
その方の立ち位置は根の部分。
根の部分が弱くなってきたらその木の枝葉は弱くなってきてしまいます。

お邪魔した時に私はその方が、
とてもお疲れのように感じました。

ムズムズしてきて、
おせっかいおばさん発動です。

色々なことでお忙しく自分のことはどんどん後回しになのに翌日は予定がびっちりという立場の方へ叫びます。

・睡眠時間をしっかり確保してください。(7時間で認知予防)
・下肢筋トレをしてしっかり歩けるようにする時間を確保してください。
・水分(ノンカフェイン)を一日1.5L飲んでください。(ちびちび)
・朝方に咳き込んで目が覚めてしまったり、
眠るときに空咳が出てしまう方は過労傾向にあります。
数日午後からの仕事の量を減らして体を休ませてください。
・食事の際は一日にタンパク質を体重1kg当たり1gを取りましょう。(腎機能が低下している人は体重1キログラム当たり0.8g)
・ストレス解消の時間を定期的に取るようにしてください。

身体あってのお仕事です。
周りのみんなはいつまでも一緒に過ごしたいと願っています。
体調管理のルーチン化よろしくお願いいたします。

f:id:Assagioli:20200210221529j:plain

 

もの忘れ対策

物忘れがひどくなってきました。(汗)

 

食事のことや、栄養のことなど記事を集めては、

自分にも活用しているのに。

 

メガネや車の鍵、携帯電話あるあるです。

 

そこで物忘れ対策として、

一般的ですが英会話の練習をGoogleの翻訳機能で遊んでいます。

 

 

英語で文章を考えることで、

日本語であればあまりかんがえなくても脳裏に浮かぶ言葉の羅列が。。。

英文を読むだけの練習と全く異なります。

 

英語では一つひとつ何をしたいのか、

何が欲しいのか、何が食べたいのか、何が着たいのか、、、

延々と自問自答とが続きます。

受動的でも生きていける日本に万歳です。

すっかり言葉の回路が錆びていました。

テストを受けるわけでも無く、

自分の気になる単語の深掘りを楽しむのですが、

思いがけない単語から日本語と英語の発想の違いがあらわになります。

 

古い頭に自由の空気が流れ込みます。

 

仕事に縛られて海外旅行なんてとんでもないという考えから、

自由に過ごせる時間を持てるような勤務形態にすることができたらなあと、

考え方も180度も変わってしまいました。

 

新しいこと(今までやっていなかったこと)をやってみることは、

新鮮な空気を開いた窓から脳に取り入れるような感じです。(笑)

 

ついつい同じルーチンをこなすだけの日常に埋没しがちな現実ですが、

もう少し自由に生きる時間が残っています。

少しだけですが続けてみようと再度想いました。

 

translate.google.co.jp(google翻訳

レンコンのチーズ焼き

スナック感覚で楽しめます。

 

*レンコンのチーズ焼き*

 

れんこんの皮をむいて5〜6mmにスライスして水に浸す。

あくをとり水気を拭いたレンコンを、

オリーブオイルをかけるをひいたフライパンに並べて両面を香ばしく焼き付ける。

そこにチーズを散らして蓋をして溶けるのを待つ。 

シュレッドタイプのパルミジャーノが合うとのことです。

仕上げにチリパウダーをかけると味が引き締まる。

 

紹介されていたのは、

・パルメザン ラッペ250g  1050円+税

世界チーズ商会

アマゾンで調べたけど出てきませんでした。

 

東京支社がツイッターしてました。

@sekai tcheese11

 

クレオール スパイス ミックス

東京は南青山にあるパンケーキハウス『APOC』で販売しているそうです。

チリパウダーにいろいろなスパイスが入っていて風味が良いとのことです。

 

 

 アマゾンで検索したらものは出てこなくてスパイスの作り方の本が出てきました。

本場では色々混ぜてみて作るもんなんんですね。

瓶に残った胡椒を2〜3種類合わせて一つの瓶にすることぐらいしかしていないから、

ちょっと目から鱗

 

 

鮭いくら雑炊

*鮭いくら雑炊*

 

これもarikoさん。

希釈タイプの白だしを使うと簡単です。

 

土鍋にいれた水に白だしを吸い物よりも少し濃い目に味付けして、

沸かした所に一膳分のご飯をいれてふっくらするまで煮て、とき卵で閉じます。

 

そこに、

ビン缶詰の鮭とイクラを散らす。

 

そのうえに刻んで一入したかぶの葉を散らす。

 

かぶの葉の代わりにすぐきや高菜の漬物でも美味しい。

 

 

arikoさんがおすすめされていた白だしです。 

 

 

 

そらまめのパルミジャーノがけ

 

そらまめが出回るのはまだまだ先のことですが、

いつも姿を見かけると、

塩茹でしたものを食べていました。

arikoさんはそれにチーズという洋風の美味しさを付け加えてくれました。

今年は一度で2度美味しいそらまめを食べることができます。

 

*そらまめのパルミジャーノがけ*

日本のそらまめはイタリアのものよりも青々しい(青臭い?)ので、

サッと茹でてペコリーノチーズや少し塩気の柔らかなパルミジャーのと一緒に食べるのが良いそうです。

 

そらまめの皮に軽く切れ目を入れて、

サッと茹でたらそら豆の薄皮を剥いたものに、

パルミジャーノやペコリーノチーズをたっぷりとおろしかけ、

黒胡椒を挽きオリーブオイルをかける。

ワインにも合うし、おやつとして甘いのものの代わりに。

香り良く入れた紅茶とも合うそうです。

 

春が来る前にチーズを手に入れなければなりません。(汗)

 

arikoの食卓 - 小腹がすいたら -

arikoの食卓 - 小腹がすいたら -

  • 作者:ariko
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

アボガド納豆鉄火丼

 

タンパク質からの選別ではなく、

まさにさっと小腹が空いた時に作れるメニューからの選別で、

目に止まったものです。(でもタンパク質たくさん取れる具材)

インスタで12万フォロワーが食べたいと唸ったレシピの一つを書いてみます。

 

*アボガド納豆鉄火丼

材料は、マグロの刺身、アボガド、納豆、万能ねぎ、(かいわれ)、ご飯。

 

・マグロの赤みは刺身にして、

醤油と出汁醤油半々に合わせておろしワサビを混ぜたタレに絡ませておく。

 

・納豆は付属のタレと刻んだ万能ネギを混ぜる。

 

・アボガドは皮とタネを取ってスライスする。

 

・どんぶりにごはんを盛り、

マグロと納豆とアボガドをのせる。(あればかいわれも)

 

*マグロのタレにごま油を少々加えるとハワイのポケ(?)のようになる。

*納豆は好みだが、小粒サイズやひきわりが具材によく絡んで美味しい。

 

 

 

arikoの食卓 - 小腹がすいたら -

arikoの食卓 - 小腹がすいたら -

  • 作者:ariko
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)