自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

夏の外での仕事と熱中症

近くで掘削機の音が聞こえる一日でした。

 

今日も真夏日です。

 

こんな時外の仕事は過酷です。

 

(スポーツ大会みたいに気温が35度以上は運動中止とか決めてあればいいのになと思います。)

 

夏日が数日続くと軽い熱中症になりかけた人が来院されます。

 

今日は3人。

 

一人目は海の仕事でほとんど海の近くで力仕事のかた。

 

いつもは元気な方なのに、

3日前からお腹が緩んでおかゆをメインにした食事で仕事も頑張っていたそうです。

 

いつも通り仕事を頑張っていたら昨夕からふらつきと身体のだるさを感じています。

 

共同作業が基本なので、他の人に迷惑がかかると思い無理をしていたそうです。

 

でも海の仕事は身体がきちんとしていないと、

思わぬトラブルに発展します。

 

 

二人目はかたは朝の仕事のあとに、

庭の草むしりを頑張ったそうです。

 

いつも通りのお話しを聞いて終わりかなと思ってましたが、

いつもより少しややお疲れ状態が気になりました。

そこでいろいろ根掘り葉掘りしたところ、

出てくる出てくる脱水の証拠だらけ。

 

基本汗が出るので水はのみたくない派です。

 

そう昔の方で根性の方なのです。

 

頭ではわかるけど水はのみたくない。

 

若いころと同じ仕事量をこなさなければならず、

身体はぼろぼろです。

 

でもやらなければとガンバる昭和ヒトケタ世代。

 

 

3人目は常に水は飲まなくていいといい張るおばあちゃん。

 

皮膚なんてしわしわの極みです。

 

「のども渇かないし、汗もかわかないんだよ。」

 

だってそれは全部お年をとられたせいなんです。

 

ちなみに体温は36.4℃。

 

でも汗ばんでいて、

 

腕の皮膚は中に遠赤外線の源が入ってるんじゃないかぐらいの熱さです。

 

「きちんと扇風機や冷房かけていたの?」

 

「いいえ、何にもしてないよ。」

 

「窓は開けていた?」

 

「ううん、閉めてました。」

 

すぐに家族に連絡して屋内での熱中症予防についてお話しです。

 

 

 

 

この3人の方に共通することがあります。

 

まず第一に自分の身体を大切にしていません。

 

少し疲れたな?のどが渇いた?具合が悪い。

 

こんな風に身体からの声を聞いて動くのではなく、

 

もう少し我慢すれば、

自分が言わなければ、

これだけはやらなくては、、、

 

〇〇しなければいけないと誰にも指図されていないのに、

 

自分で自分に厳しい用件を突き付けて身体が倒れるまで頑張り続けてしまうのです。

 

 

いざとなったら、

庭の雑草なんか秋には枯れるのです。

 

仕事だって身体ありきの意識でいなければこれからがますます大変になってしまいます。

 

暑い時期無理すると秋が怖いです。

疲れたらきちんと休みましょう。

問題は小さなうちに摘み取ってしまいましょう。

It was a day near the drilling machine is heard.

 

It is all today.

 

At such a time outside of work is harsh.

 

(Sports competitions like the temperature 35 -motion stop or make the decision if you would. )

 

The summer people turned to mild heat stroke lasts a few days and hospital will be.

 

Today 3 People.

 

The one-eyed man in the work of the sea almost near the sea on how to do the heavy lifting.

 

Always well enough

3 Eat mainly rice gruel and loose belly from the days work good luck in not was is likely.

 

As usual, I had hard work to feel light-headedness and physical tiredness from last night.

 

Collaboration is fundamental, so might cause to other people and I wonder were doing so.

 

And the body doesn't properly work but the sea

Develop into unexpected trouble.

 

 

His work give us the morning after

It is hard work weeding the garden.

 

Always talk of the streets to hear at the end, but I was wondering if I

More than usual a little bit tired State was worried about.

So far there by various inquisitive

Come out come out dehydration comes riddled with evidence.

 

Base sweat comes out is water who want only.

 

It is like in the old days of spirit.

 

I know in the head want to only water.

 

And they do... when I was young and the same amount of work

Body is shabby.

 

But to do Gamba Showa hit Keita generation.

 

 

Grandma horried third person is good to drink water.

 

This is the pinnacle of wrinkled skin!.

 

"I got its throat was, I sweat. "

 

I mean it is because all taken a year.

 

By the way the temperature 36.4 ° C .

 

However, flannel

 

Infrared sources are inside the skin of arms what is the heat of about.

 

"Properly was putting the fan or air conditioner? "

 

"No, nothing, I'm not. "

 

"Had opened the window? "

 

"Well yes, I was close. "

 

Talk about the indoor heat stroke prevention, immediate contact with their families.

 

 

 

 

This 3 To common people.

 

First first your body doesn't care.

 

A little tired? Thirsty? Something is wrong.

 

Rather than move, like listening to the voices from the body

 

A little more patience

I say,

Is it just right...

 

○ ○ do not who there to tell us is not.

 

It is would continue hard to physical demands in their own tough requirements.

 

 

When it comes and when it

That withered in the fall like weeds in the garden.

 

I work physical and when of if not in the sense that increasingly tough will become.

 

Forced hot autumn.

If you are tired rest properly.

Personal Let's out a tiny problem.

 

這是聽到附近鑽井機一天。

 

它是所有的今天。

 

在這種工作之外的時間是苛刻的。

 

(體育比賽像溫度 35 -運動停止或作出的決定,如果你願意的話。 )

 

夏天人們轉向輕度中暑持續了幾天,醫院將會。

 

今天 3 人。

 

獨眼的人在工作中幾乎近海海面上如何做繁重的工作。

 

總是很好

3 吃主要大米稀粥和鬆散的肚皮,從工作中的好運氣不是很可能的日子。

 

像往常一樣,努力的工作,感到頭暈和身體的疲倦,從昨天晚上了

 

合作是基本的所以可能會導致其他人,我不知道這樣做。

 

身體不正常工作只能在海裡

發展成意想不到的麻煩。

 

 

他的工作給我們後的早晨

它是艱苦的工作,給花園除草。

 

總是在說街頭,聽到最後,但我想如果我

比平常更有點累的狀態擔心。

到目前為止那裡由各種好奇

脫水出來出來帶有證據泥潭的。

 

基地的汗水出來是只想要的水。

 

就像舊時代的精神。

 

我知道在頭的要到只有水。

 

他們...年輕和同樣數量的工作時

身體是卑鄙的。

 

但要做 Gamba 昭和擊中凱塔代。

 

 

奶奶 horried 第三人是好喝的水。

 

這是皺皮的頂峰。

 

"我得到了它的喉嚨,我的汗水。 "

 

我的意思是因為所有採取一年。

 

順便說一下,溫度 36.4 C ° 。

 

然而,法蘭絨

 

紅外來源是裡面的武器皮膚約熱是什麼。

 

"正確把風扇或空調嗎? "

 

"不,沒說什麼,我不是。 "

 

"已經把窗戶打開嗎? "

 

"嗯,是的我非常近。 "

 

談一談室內中暑預防,立即與家人聯繫。

 

 

 

 

這 3 給老百姓。

 

第一第一併不關心你的身體。

 

有點累嗎? 渴了嗎? 有什麼不對勁。

 

而不是移動,像聽見來自身體的聲音

 

多一點耐心

我說,

這是剛剛好...

 

○ ○ 做不誰告訴我們不是。

 

它是將繼續向物理硬要求在自己嚴厲的要求。

 

 

當它來臨時,當它

這在秋天像在花園裡的雜草枯死了。

 

我工作物理和時如果不是感會越來越艱難。

 

強迫熱的秋天

如果你正確是累了的休息。

個人讓我們出一個小小的問題。