自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

芸能人の食生活

今日は台所でメモ類の整理をしていました。

 

たまたまつけていたTVから、

のどが乾かないのにお水なんて飲みたくないという言葉が流れてきたためしばし釘づけになりました。

 

その言葉を発したのは、

見目麗しくスタイルも抜群の梅宮アンナさんでした。

 

お水を飲まなくてもあの素敵なお顔とスタイルを維持できているということはまさに天から与えられたものなのでしょう。

 

美味しいものに囲まれて、

口に合わないものは食べなくても許される環境であったこその発言でもあるなーと思いました。

 

でもやはり残念でした。

 

芸能人の方は何百万人という方の視線にさらされて生活をされています。

 

身体が資本なのに、

ちょっとした情報がかけているために、

病気になりやすい環境にいらっしゃることがわかります。

 

人生ケセラセラよという考え方もあります。

 

でも与えられた環境で傷つきながらガンバっていらしたこともいろいろ知っています。

 

心だけでなく、身体も傷つけていることを知ってほしかったです。

 

お花にはお水をあげますよね。

 

人間だってお花とある意味同じ部分があるのです。

 

番組では最終的に改善案を出されて実行される様子が流れていました。

 

現実から目を背けたい情報ばかりが出てきてしまう医療関係の番組ですが、

とてもよい事をされているなと思いました。

 

(お水に関しては、ノンカフェインの常温の水分をちびちびと、一日に約1.5リットル飲んでほしいです。少し汗をかいたらまたその分補います。ペットボトル500ミリリットルを3本外出時には携帯してください。 カフェイン含有の水分はおしっこが飲んだ量以上に出ていきます。美味しいのはコップで3杯くらいまでにしてほしいです。)

 

芸能人でなくても、

生活が不規則で高収入であるがゆえに、

身体をいたわる基本的な情報が抜け落ちてしまうことが多い人達は多く存在します。

 

リーダー的な立ち位置の方が多いです。

 

多くの人達にエネルギーを与え、

半分人生ボランティアみたいなところのある日常なのですから、自分の本当の幸せを考えてほしいです。

 

まずは健康。

 

できるところから始めましょう。