読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

ネコとインターネットと循環

今朝2時半ごろに猫4匹ともども甘えた声をかき鳴らした結果、

二度寝によるおそーい朝食となりました。 

 

やらなければいけない仕事が山とあったのに、

お布団から体が動きませんでした。

 

連休中も仕事や外出、寝不足など続いていたのが原因です。

 

もう寝だめをすることにして気分良くなるまで横になっていたため遅くなりました。

 

横になっていても目が覚めていますから、

今までのことを振り返ったりしてみました。

 

まず一年前はこんな風に情報発信することなんて考えられなかった自分がいたこと。

 

FBも、ツイッターも恐怖の対象であったこと。

 

月に何度も外出と称して、家を空けることなんて考えられなかったこと。

 

FBやブログがらみで合うことのできる人達は、もうすでに同じ志や、考え方、目的が方向性が似ているため、

お話しにすぐに参加できること。

 

もうインターネット様様の現状に気が付きました。

 

ビジネスをする方の緻密な構想の立て方を知り、

受け取るだけの立場であった自分の思慮のなさを痛感したり、

ものごとをとらえる際の甘さが障害になっていることを知ったり、

世界の見方が一変してしまっています。

 

寝だめするきっかけになった猫たちの行動ですが、

時々こんな風に感じています。

 

飼う前に比べ掃除をする回数、トイレのお世話、食事のお世話などが増えました。

 

けれども、拭き掃除一つ、掃き掃除一つするにも、

以前と異なりもうすぐここも掃除しなければいけないところであった場所をいつも掃除することになる不思議さに、

心もあり方が掃除や洗濯、食事の準備など違っていることに気が付きました。

 

何かのために行うということが、

ただ必要だからとか、しなければいけないからとかという流れよりも、

行為自体に楽しさが生まれます。

 

癒しのことを書こうとしていたのに、

なんだか日常生活全般の下支えとしていてくれることに気が付きました。

 

インターネットに関しても、同様です。

 

情報発信するために以前より、

注意深く情報をさがすようになりました。

 

検索することや、ちんぷんかんぷんな状態からでも

毎日本当に少しずつ動くことをしていたら現在に至りました。

 

自分自身家に閉じこもらず、外出することでいろいろな変化を持ち込んでいたりします。

 

変化を恐れないで受け入れながら循環を生み出すようにしていないと、いろいろなことが劣化(淀む感じ)していくように思います。

 

環境も心も体と同じで新陳代謝が大事です。