読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

可愛いおじさん

久しぶりの受診です。

この方とはお酒が原因の傷を手当てしたときからのご縁です。

 

むかしながらの漁師さんですが、

いまはもう引退しています。

 

訛りの強い話し方と風貌にはそぐわない、ほんとは女子じゃないの?と思えるくらいやさしい気持ちがある方です。

こまやかなんです。

 

でもキチンと毎日のお薬は内服できません。

 

月末に薬が切れそうな患者さんは電話で確認してもらいます。

 

なかなか電話に出られない。

まだ残薬あり。

というお返事ばかりで、今日はなんと3か月振りの受診。

 

体重が4キロ減っています。

 

「冬の間、こたつに入ってごろごろしてた。

日本酒は3日に一升ぐらいのんでた。」

「はい、そうですか。(やや怒)」

 

もちろん食欲もありません。

仕事をバリバリしていたころより、食事の量が減り、

三食はきちんととれていません。

ここまで歩くのもやっとの状態です。

実は奥さんから相談をされていました。

仕事を辞めてから、うちの中にばかりいて歩けなくなった。

昼間からお酒ばかり飲んでいる。

私が注意しても怒られるだけなのだと。

 

今日は少し寒いけど久しぶりにお天気。

ガンバって歩いてきてくれたのでしょう。

 

食事内容のチェックとともに、

栄養補助食品の利用法などすぐに忘れてしまうかもしれないけど、お話ししました。

 

男性で外側はキチンとした男性風でも、

中身が実は純粋で、現代の女子よりもこまやかな場合、

男社会で生きてくるのは大変であっただろうなと思います。

 

一人海に出ての仕事で、うまくごまかされたのかもしれません。

海に逃げることができなくなり、陸の上で友はアルコールなんて良くない。悲しすぎます。

 

不器用すぎて奥さんが大事にしているおじさんにも、

栄養補助食品時々取るように話しました。

 

もう開口一番「肉はたべない。」ですからね。

まともに相手にするとこちらがやられます。

 

久しぶりにお話しをして、嬉しかったことを伝えました。

病気に関しては頓珍漢なんですけれど、

中身がとても女の子すぎるやさしすぎる。

 

男性でもこういう方がいらっしゃるのです。

本物の女性としては反省するばかりです。