読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

晩酌と休肝日

健診結果を2,3年見せてもらえない時があります。

時間をずらして、私の時間帯に受診しないのです。

 

「連休のあとに健診受けたんでなかった?」

「うーん。」

はっきりしません。

 

春の祭りがある地域なので、連休はアルコールによる肝機能障害を起こしやすいです。

自覚症状はもちろんありません。

 

休肝日の話を時々します。

すると、

「夕方の一杯が、唯一のたのしみなのになあ。」

「うまい酒を存分に飲めないんだったら早く死んだ方がましだ。」とも言われます。

 

毎日アルコールを取る場合、このぐらいならという目安があります。

でもそのことを話すと、

「それぐらいでやめるなんて、水飲むのと同じだ。」とか、

「そのぐらいだと酔わないんだ。」とか言われます。

 

はい。その通りです。

酔わないレベルで切り上げるから、悪さもしないのだ思います。

 

むかしは祭りや、冠婚葬祭など、

年に数回というめったにないときにふるまわれてきたお酒です。

 

現代は手を伸ばせばすぐそこに、飲んでくださいとアルコールのほうから誘いがかかります。

 

楽しいお酒、おいしいお酒を飲んでほしいです。

 

晩酌を続けているお父さんのことを心配して、

時々一人で奥さんが外来に見えます。

 

「最近、夕方4時となると、自分で勝手にお酒を注いで飲むようになって、血圧も寒いと高くなるのに、私がいくら言っても聞いてくれないんだ。」

「今度血圧はかりに来た時に、注意してもらいたい。」

お父さんはお家の中では、一国一城の主なので、

家来に当たる下々の女性のいうことには、

耳をかしません。

(そのような方が多いです。)

 

外食でのアルコールは、ある程度量が限られるかもしれませんが、

自宅で一人手酌のお酒はついつい、少しずつ量が増えていきがちです。

それをそばで心配しながら見ている家族がいること知ってますか?

少しだけ頭の中において美味しいお酒を飲んでください。

できれば週に三日は休肝日設けてくださいね。