読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

インフルエンザによる一家全滅予防

高校生ぐらいの若い子たちが、

インフルエンザの流行の中心になっています。

毎日に近い、夜遅くまでの部活動や、塾通いで、

見た目以上に身体が疲れ切っている彼らです。

でも治るのも早いです。

若いから。

 

それに比べて、朝早くの弁当作りに、

きりがない家事一般担当のお母さんが、

インフルエンザにかかると一家全滅しやすいです。

 

若い世代はイクメンという言葉があるくらいですから、

奥さんが具合悪い時は食事の準備や、洗濯掃除はお茶の子さいさいでしょう。

 

しかし、まだ高校生の子供をもつ両親の世代では、

イクメンの存在はまれです。

 

熱があるけど、食事の準備。

なかなか治らないだけでなく、

安静にできませんから二次感染を起こしてきます。

ひどい場合には肺炎になる場合もあります。

 

このぐらい大丈夫と思って無理していると、

身体は具合の悪い状態にどんどん慣れてしまいます。

 

勇気のあるお母さんは、コンビニ、スーパーのお惣菜を

買ってきてって言えるかもしれません。

 

どうしても寝込めない場合、子供さんがインフルエンザにかかり、治療受けるときに、

一緒に抗ウイルス薬を予防投与してもらうことです。

 

心配の通りうつっていたとしても、

多少インフルエンザ症状がみられますが、

軽い症状で抑えられます。

 

もちろん周りに助けてくれる人がいるのであれば、

身体の免疫機能増強のために、

発熱する時間を取ることも可能です。

熱が下がってからも

二日三日発熱が続いたあとは、食欲が落ちたり、

だるさが残ったりするため病後の安静が必要です。

 

インフルエンザにかからないようにする予防をしっかりしても、

不可抗力でうつる場合がほとんどですから、

もう具合が悪くなること前提に、

安静を取り、二次感染を避けるしかありません。