読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

急激な変化についていけない?

月一回、一人でバスに乗って見える方がいます。

 

80代後半ですが、お水も十分量飲むことができて、

足のトレーニングも欠かしません。

 

つい最近まで、

そんな人だったのに。

 

お正月、毎年実家に帰りすごされて、お家に帰ってきました。

なんだか、物忘れが進んでいます。

 

いくら実家であるとしても、

常日頃の我が家とは勝手が違います。

 

トイレに行くのを我慢したり、

そのために水分を取ることを控えたりされた可能性があります。

 

物忘れや認知症を生じるきっかけは、

急激な環境の変化であることがあります。

 

リフォームした自分の部屋が、

本当に自分の部屋なのかと問いただしたり、

夕方になるとそわそわして荷物をまとめだしたりしてしまいま

す。

あとどうしても加齢のため、

のどの渇きを感じることが鈍くなってしまうため

水分が十分に取れていなくて、

便秘になっている方が多いです。

 

便通管理は、腸閉塞や食欲低下が起きないようにするためにも、

大事です。

カレンダーに排便があった日は丸印をつけ、

3日に一度はきちんと出ていることを確認すると安全です。

 

自分で管理できるでしょと、

自立を促すことが大事な時期もありますが、

食事の食べ具合、定期薬の内服、水分摂取量など。

 

病院であれば看護婦さんが見守ってくれる側面が、

自宅ではほとんどほったらかしになります。

 

きちんとできているかどうか、

確認することで小さな変化を見逃しにくくなります。

 

大きく変化して知らない人のようになってしまう事を、

少しでも防ぐことにつながります。