読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

もう一つの糖尿病

お母さんやお父さんが糖尿病で治療している方は、

自身もやはり同じ病気になる可能性がある事を、

知っておくべきです。

 

こんなことがありました。

 

自営業の奥さん。

多忙で自分のことよりも、仕事のこと、

子供のことで精一杯でした。

 

ある日、頬が痛くどんどん盛り上がる感じがして、

みえました。

お話しを聞くと「だいぶ前から黄色の鼻汁は出ていたんですけれど。」と言われました。

 

副鼻腔炎による痛みと腫れですが、

あまりに急激な変化と痛み方のため、

安易に治療せずに一度専門で見てもらった方がよいと思い、

紹介しました。

 

すると、「これは、内科領域の問題です。」と言われてかえってきました。

 

病院で行った血液検査で血糖が異常値を示していたそうです。

家族にも糖尿病を治療している方がいらっしゃいます。

 

仕事のために、食事が不規則になり、

お腹がすきすぎて、ドカ食いになりやすかったそうです。

食後のデザートも欠かせません。

水替わりに飲んでいた炭酸ジュースをとりあえず、

ただの水に変えていくことから、

始めてみることにされたそうです。

 

こんな時、少し家からは遠く離れた専門の先生のところに、

通ってもらうと、

家に縛られがちなお母さんは堂々と、一人で外出することができます。気分転換にもなるし、体調管理にももちろんなります。

現在は血糖コントロールもよく、

お元気に過ごされています。

 

仕事、子育てによる睡眠不足、食事の不規則、過労状態からの

病気は、糖尿病になりやすい因子のある人は気を付けないといけません。

 

家族同志で一日一回、互いの体調を確認する習慣があると、

悪いところは早めに気付けて、治療にも時間がかかりません。

 

面倒くさがらずに朝いちばん鏡を見ることも、

体調管理する簡単な方法です。

やってみてください。