読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分への愛情のかけ方

生活の知恵的な体調管理

行商のおばさんのエネルギー

患者さんの一人に、昔ながらの行商をしている人がいます。

70代ですが、自分で車を運転して、

魚の買い付けから下準備、販売までの一連を

今でも時々こなしています。

 

その人のお話しを聞いていると、

若いときはどれだけ仕事したんだろうと思います。

 

魚の買い付けを行ってすぐに、

魚をさばいたり、魚卵の味付け、

注文もらっていた魚を焼いたりと夜10時過ぎまで動かれるそうです。

 

そして翌日は山の方へ品物を売りに行く。

一日かかります。

かえって来て泥のように眠るということを繰り返してきました。

 

冬のある日、吐き気とめまいがひどいからと

顔色を悪くして見えました。

 

お話しを聞くと、部屋の中をとても暖かくされているそうです。

お水は飲むそうですが、

夏ほど量は飲めていません。

仕事の疲れと水分不足が原因です。

 

「頼まれるといやってことわれないんだよねー。」

美味しいものを作ることができるからこそですが、

技術を引き継ぐ人はいません。

 

「心配すんな。適当にやるから。」と

こちらが慰められてしまいました。