読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

水を飲むこと

今日、血圧が高くて定期的にみえた方に

「1日1.5リットル。

ノンカフェインの常温で飲みやすい水分を

毎日飲んでください。」と

お願いしました。

 

昨日ほかの方から

「水そんなに飲まないといけないか?」とか

「食事に入ってる分入れたらおおすぎない?」とか

言われました。

 

しつこく食い下がるのでなぜいつも耳だこになるくらい

お願いしているわけを話しました。

 

十数年以上前に今より時間外の往診が多くて

身体が持たなくなった時がありました。

 

具合が悪いから来てくれと言われ

そのまま向かうと案外平気そうな顔をされています。

横になりながら、

「頭を動かすとめまいと吐き気がして

起き上がれない。」と言われます。

救急車を呼ぶほどでもない場合が多いです。

 

朝早くだったり、夕方7時ごろであったり、

まちまちですが、仕事以外にも

家事や子育て真っ盛りのときはつらい時間帯です。

 

よくよくお話しを聞いていくと

水分は水分でも、カフェインのたっぷり入った

美味しいコーヒーや煎茶をがぶがぶ飲まれています。

カフェインは利尿効果もあり、適度なら身体にはよいのですが、

水替わりに飲むものとしては、あまりお勧めできません。

 

口当たりの良い甘いジュース、ドリンクも

常備されていたりします。

疲れたときに飲み干すと

力が出る感じがするのだそうです。

 

大きい病院や整形外科に通院するのに半日以上

飲まず食わずで過ごされるのもざらでした。

 

身体が必要とする水分が取れていないことがわかり

早速お水を飲むべし布教活動し始めました。

 

舌の肥えた

年配の方たちから笑われました。

でもなぜ必要なのか顔見るたびに声かけしていくと

便秘が治った、最近めまいおこらない等の

返事が聞かれてきました。

 

みんなの健康のためと口すっぱく言いすぎて

反発する人もいます。

 

そんな時は本当の理由をいいます。

往診の数を減らしたかったの。

身体がもたないからといいました。