読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

大風の日

今日は寒くはないけれど、低気圧が入り込み

春ではないのに春一番くらいの大風が吹いている。

 

いつもの買い出しの時間。

ある通りに行くと、5回のうち3回は出くわす、

なじみのおじいさんが浜を見に歩いている。

 

雨の日も、夏の暑い日も、

今ではもう漁に出かけないのに

毎日4,5回は、交通量の多い道をゆっくりとした

足取りでわたっていく。

 

元気な時はそれでもいいのだけれど、

若いころから煙草をたしなんできた人の因果で、

歩くと息切れはするし、

軽い風邪を放置した日にはぜーぜー言い出す。

脱水があって痰が絡んでもぜーぜー言い出す。

お水飲んでねといっても笑いながら、

「わかった。」の一言。

 

大好きな奥さんと毎日口喧嘩するので、

お家の中にいられないのかと思った時もあったけど。

 

ただ単に海を見に行きたいだけ。

 

だけどこんな大風の時には会いたくなかったぜ。

 

車の中からわざと大きく手を振ってあげる。