読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の知恵的な体調管理

苦しくない身体

グループホームでの食事

今日は往診でした。

 

グループホームに入られているお母さんたちに会いに行ってきました。

 

「いつもと特に変わりません。」

「みなさん、お元気です。」

もうそれぞれ自分の夢の空間で遊んでいるといっていい方たちばかりです。

そのため笑顔がめちゃくちゃ可愛いんです。

 

グループホームを利用していないときは、

食事がキチンと食べられず、トラブルばかり起こしていたかたですが、

今は見守りと、タンパク質がしっかり一日50グラムは含まれている食事内容で体調も精神状態も落ち着いています。

 

ホームの食事は外注。

 

中身は栄養士さんにお任せです。

 

もちろんプロだからタンパク質を上手く朝に10グラム、

昼に20グラム、夜に20グラムという風にうまく振り分けています。(今日献立表で確認してきました。)

 

そこに入られている間は良いけれど、

もし自分一人もしくは栄養のことを知らない家族が食餌を担当することになったら?

 

一日なんグラムなんて考えないでしょう、たぶん。

 

そんな時はあまり悩まないで、簡単に取れる栄養補助食品を活用しましょう。

そしていつもの自分の食事を楽しむことができればいいのかもしれません。

食べることが唯一の楽しみの場合だってあります。

 

間食に食べていたおはぎや、羊羹代わりに、

バランスの取れたお菓子タイプの栄養補助食品を使えば少なくとも、5~10グラムは確実にタンパク質をとることができます。

 

逆に簡単にたくさん取れてしまうのでかえって危険かもしれません。

 

なのでいつも言ってる水分補給も十分に。

 

人生の最初と最後は見守り状態。

 

何を食べているかわからないけれど元気でいられるいい時代なのか。

 

自分で食事を作る機会がなければ、

健康のかなめとなる食事は他人軸で流れていく怖さです。

 

家庭科のお料理実習大切です。

 

キュウリがどれだけ薄く多く切れるかなんてのテストより、

生きていくうえで自分で健康維持することのできる料理を

何品作れるかが問題です。

 

30年以上前の高校時代を思い出してしまいました。

 

お料理はプロにすぐに任せてしまえば簡単ですが、

それと引き換え失うことのほうが多いように思います。

 

簡単なお料理一つ二つ自分で作れるようにいたしましょう。

 

親戚付き合いとストレス

春のお祭りが近づいてきて、

子供のころのように少し気分がそわそわしてきます。

4月は新しい環境に飛び込む方も多くなるし、

気分は高揚のはずですが、

 

我が家ではめでたきことはここしばらく訪れることなく、

地味に季節の移り変わりを楽しむレベル。

 

そんな折、遠い親戚の伯母より電話あり。

法事に参加するかどうかの確認。

いろいろ話して最後に一発、「今回はこんとき。」

(来るなという関西弁)

うーん。素晴らしい。

 

誘い水かけておいて専制攻撃で仕留めました。

ぐうの音も出なかった。

 

以前ならこのようなシーンのあとは、

心が割れて2,3時間はぐるぐる心が乱れて、

おろおろ泣いて一人ヒロイン。

あと何かにブツケテたなあ。(アー恥ずかし)

 

今回は、

一応ニュートラルで現実をとらえる練習が効いて、

すぐに大笑いすることができました。

あちらに不幸の塊が出向いても、

話しに花が咲かないし、迷惑なだけなのは重々承知なのです。

 

だからこれをきっかけに、物物の贈り物は継続するけれど、

そんなに移動してまで親戚付き合いをしなくてもいいレベルになった(なってしまった)ということです。

かえってありがたいのかもしれません。

 

近所にそれこそ山のように親戚が住んでいる場合と比べれば、

大事の時には少しは困るかもしれないけど、

今は冠婚葬祭を全部仕切ってもらえるところもあるし、

日頃大事に至らないように気を付けていけば大丈夫。

 

しかし、

いつになっても伯母さんとの関係は小さいころのままで、

少しでも気に合わないことをすればこんな風にされてしまう自分の立ち位置が悲しい。

 

母が妹としての立場を十二分に活用して、

実家から遠く離れた場所での人生をやりくりしてきた分、

その子供には風当たりが強いです。

 

いつまで甘えるんかいという感じの対応。

 

ただ久しぶりの電話だからうれしくってお話ししただけなのに。

 

全くの他人とお話するときは、一応心構えというものがあるけれど、

むかし親切にしてもらった人に、

時間たっていつもと同じように接しても昔のようにはいかないということを忘れがち。

 

おばさんだっていろんな事経験してきているのだし、

私には見えないところで大変なこともあるのかもしれない。

まだ今日はいい方。

 

夫が亡くなって、ドツボの時に救いを求めたときは、

不幸のもとは近寄らないで的に電話を切られたのだから。

 

そのおかげにこんなに強くなれたのだから。

 

その時はとてもつらくて悔しくても、

そんなことがなければ甘える一方の人間で今もうじうじしていただろうし。

 

伯母さん、きつい愛情ありがとうです。

 

ストレスもこんな風に、時がたつとパンチの効いた調味料になってくれます。

 

ほんと強くなった。(笑)

良い油

サウジアラビアの王族の方も実践しているという食餌療法。

 

読み進めていくと一番肝になるところと思われたのが、

 

「ガンになる原因は大きく3つ。

①細胞間のコミュニケーションがスムーズでない場合。

②細胞の中の酸素濃度が低い場合。

③悪い細胞に対してプログラムされた細胞死の信号がうまく届かない場合。」

 ふむふむ。

 

「良い油を原料にして作られた医細胞膜は、シャボン玉のように弾力性に富んでいて、酸素や栄養素をスムーズに出し入れすることができるので、いらなくなった老廃物を外に出して細胞の働きを助けます。」

 はいはい。

「よい油は身体の中で酸素を惹きつけるマグネットのような役割を果たすので、酸素がたくさん集まって癌が発症しにくい環境を作ります。」

 ふーん。

「人間の体の中では毎日どこかで癌化しかかった細胞が生まれています。その情報をもとに癌化した細胞に対して自滅するように情報が送られていくことが、細胞間のコミュニケーションがよくないとできないために、癌細胞がいつまでも長生きして癌を発症させてしまうのです。」

 

(これから下は私の感想です。)

肝細胞癌にかかった方の血液にはAFP(アルファフェトプロテイン)という物質がたくさん認められます。

 

消化器内科では悪性腫瘍を見つけるものとして印象ついていたものが、産婦人科に行くと、妊娠中の女性の血液の中にも大量に産出されているのです。

 

たとえは違いすぎますが、体内の酸素濃度の低いところで何か新しいものを生み出そうとするときに出てくる物質なのだと思いました(以上)

 

今までの食餌療法というと、糖尿病、腎臓病などへのカロリーや塩分、タンパク質などの制限が主体でした。

でもここに書いてある良い油。毎日摂る量も今までの常識からしたら多めです。

 

具体的には以下のとおり。

 

良い油は代表として4種類。

 

1、グラスフェッドバター(ギー)(飽和脂肪酸)(アマゾンで購入できます)

2、バージンココナッツオイル(飽和脂肪酸

3、エキストラバージンオリーブオイル不飽和脂肪酸オメガ9)

4、亜麻仁油(片布シードオイル)(不飽和脂肪酸オメガ6&オメガ3)

これらを偏りなくとる。

目安としてテーブルスプーン(=15グラム日本風に言えば大さじ一杯15グラムです)

男性:8~10テーブルスプーン

女性:6~8テーブルスプーン

 

<注意する点>

不飽和脂肪酸の油は加熱するとトランス脂肪酸などが生じてきます。そのため炒め物やフライ、てんぷらなど加熱して使いたい場合はそうした心配のない飽和脂肪酸、すなわちギーやココナッツオイルがおすすめだそうです。

オリーブオイル、亜麻仁油などは加熱する料理には使わず、

そのまま料理にかけたりスープやスムージーに、

混ぜたりして取るようにしてください。

 

良い油をとるのなら運動して2時間後が良いそうです。

ちょうどそのくらいの時間だと、

運動後に出る成長ホルモンが脂質をエネルギに変えてくれるそうです。

 

一部良い油をいかに取るかその根拠と方法でした。

 

 

 

 

 

 

ネコの避妊で思い出した事

今日は朝早くから猫4匹をかごに入れ、

動物病院に出発です。

 

初めてのことなのでどうなることかと思いましたが、

すんなり捕まえることができて、

帰りはにゃーんにゃーん攻撃されたけど何とか無事に終了です。

 

以前拾った子猫たちは避妊手術をした後に、

体調を崩してしまう事が多かったのです。

 

寄生虫の除去をキチンとしないで臨んだから一番消耗したのだと思います。

今回の4匹はめでたく寄生虫はいませんでした。

2,3日外出はできませんがこれでいくらでもボーイフレンドと遊べます。

 

ネコはともかく、人間の場合の避妊(手術ではないほう)のことを思い出しました。

 

ずいぶん前の勉強会で、梅毒が若い子の間に流行しているというお話しでした。

 

梅毒というともちろん一番きついイメージは女郎さんが、

仕事を続けてもう借金がなくなるころに蝕まれて、

脳のほうにも病変がおよび泣き叫びながら亡くなるという、

かなり昔に観た映画の一シーンが浮かびます。

 

子供の時に女郎の泣け叫ぶシーン?

(なんでか見ていました。)

 

その状態の梅毒はもうかなり進んだ時の症状です。

 

神経梅毒といって、認知症状や、歩行困難を伴ってくる麻痺、

むかし恐れられていた通り、かなり大変な状態に連れていかれます。

 

でも現代は抗生物質があるので、それほどひどい状態にまで進行する人は少ないのだとおもいます。

でもそれで事なきを得て反省できていないところも出てくるのだと思います。

 

性病自体自分一人が予防したり、治療を受けても、

パートナーとなる人の理解がなければ治りません。

 

まだ子供がほしくないのであればキチンとつけるものはつけて

ことにのぞむべきです。

 

なぜこんなことを急に言い出したかというと理由があります。

 

いま、あるコミュニティに参加していて、

私は一番の年長さんです。

(お母さんと呼ばれています。)

インターネットの世界で何とかコンテンツを作り過疎地でも生きていけないだろうかとか、いろいろ不安と希望をもって参加しました。

 

20歳以上、10歳以上の年齢の離れた方たちがインターネットで活躍されています。

 

そこで気になったのが、恋愛系。

まじめな男性で女子に声をかけられない人向けで、

面白おかしく作品をあげて、

セミナーではキチンと真面目に

攻略戦について指導するという流れでありました。

 

梅毒が流行っているみたいだから、

そのコンテンツ内に性病予防のことについても書いてもらえたら一石二鳥なのにと感想と要望とをお話してみたんです。

 

若い人だから照れもあったのでしょう。

彼「そんなのなってから考えればいいんだよ。」

私「うーん。(絶句)」

という展開でした。

 

病気のことを知るのは怖いですし面倒です。

 

でも梅毒で炎症がひろがり、女性の場合は不妊の原因にもなります。

 

一番怖いのは子供へも影響が出てきてしまう事。

 

ジカ熱とかはニュースで取り上げてくれるけど、

梅毒は自己責任みたいなところがあって情報が手に入りにくいです。

 

あんまりお説教くさい事書きたくないけど(かいてるけど)、大事なパートナーがいる方は考えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

良い油とれてますか?

 

おとといのメール受信箱に刺激的な内容が送られていました。

 

今はやりの糖質制限プラス良い脂質をとるべし政策です。

 

油(脂質)もカロリー計算の中では、

今まで悪者扱いされてきました。

 

油の中にも良いものと悪いものとがある。

 

最近スーパーで見かけるようになったオリーブオイルや、荏胡麻油、紫蘇油(これらは良いほうの油)。

 

反対に今まで賛美されてきていたものが地に落ちていました。

糖質制限を完全に実行してしまったら、

米どころではしかとされてしまうのではないだろうかと余計な心配があります。

 

経済の事情よりも、健康寿命のため、自分自身のためと思って生きること大切な時代になってきていることをひしひしと感じます。

 

タンパク質の場合は身近な方たちの食事内容で確実に不足していることがわかったため、

大きな旗を振って情報を提供していますが、

この脂質(油)に関しては、

農家をしている方には(特にコメつくり)言いにくいというか、言えない。(田舎の農家は小規模農家が多いからどこかで方向転換しなければならないと思うけれど難しい。)

 

(仕事でカロリーを消費できる働き盛りの年代には、

特に言えないので、

もしお話するとしたら、

仕事をそれほどきっちりしなくても、

悠悠自適にすごしているけど、最近太ったという方には、

ものすごく反発を受けると思うけど話してみたい。)

 

細胞膜の脂質がいかによい成分で構成されるか否かで、

癌や難病を回避することができること。

 

細胞同士が連携し、身体の状態を逐一情報共有し、補修できる関係が、

健康維持には必要なのだとメールから飛んでアマゾンで購入した本の中に書いてありました。

 

そうだよね。

現実でも、水道管や、電気関係が壊れても、

何処が故障しているのかすぐにわかれば直すことはできるのだから。

 

身体を作る成分の着目だけでなく、

今は細胞膜の伝達能力を高める触媒のような働きを促す成分が注目されてるのでした。

 

本の通りにすぐにはできないけれど、

細胞膜のために少しずつ変える必要があります。

 

材料がなかったり悪かったりすれば、構造がいくら良くても、

どこか不具合が生じてきます。

 

言われてみればなるほどと思うことばかりですが、

見る目が節穴になっているところが多いと思います。

 

どれが本当かなんて言い出すと収集が付かなくなりますが、

川の流れを使って説明すると、下流のゴミ拾いばかりするよりは、

上流でおこってる異常な状態を直すほうがきれいな川に戻ります。

 

薬や検査は下流での対処だと思います。

 

 

不眠

春なのに楽しくできないときは誰だってあります。

今でこそ笑う門には福が来るを連呼して、自ら笑いを提供しながら仕事ができていますが、

家族が亡くなったときは、一年ぐらいは夕方になると動悸がしたり、「こりゃパニックだな。」と自分で診断して薬を考えたりありました。

 

今日は、やはり眠れないといわれて見えたお母さんの相談です。

数年前までおじいさんにつくして、畑仕事も何もかも頑張っていました。

おじいさんが病に倒れ、自宅で亡くなるまで介護も頑張りました。

つい最近まで姪っ子さんと一緒に住まわれていましたが、

事情により一人暮らしに。

 

「デイサービスいかない?みんな最初は嫌だっていうけど、

通い慣れると楽しくて待ち遠しくて全然表情が変わってくるんだよ。」

「いいや、まだいかない。親戚の嫁さんが心配して毎日顔出し生きてくれるから大丈夫。」

「何か困ってることない?少し体重減っているけど。」

「実は、眠れなくて困ってる。」

「昼寝のしすぎとかないの?」

「昼寝はせいぜい15分ぐらいしかしないし、いろいろ悩み事があって考えると眠れなくなる。」

一人暮らしの方は大体最初不眠に悩まされます。

不眠が続くと抑うつを引き起こしやすいです。

だから、薬は今悪者にされがちですが、

こんな時は鬱の渦潮のなかに巻きこまれないように、

眠剤や安定剤で助けてもらいましょう。

 

実際私自身助けてもらいました。

 

不安になると身体をとにかく動かしていないといられなくなり、

朝早くから起きてきっちり家事をこなしがち。

 

そうこうするうちに、朝起きたときの回り風景が色合いを失ってきて、なんだか自分がロボットみたいに感じたりすることもありました。

 

少し怒りっぽくなりました。

とにかく心が穏やかでいられなかったのです。

 

外に出るなり、リフレッシュする時間をとるなりできればよかったのですが、子育て中ではあまり動けません。

 

かたくなに人に頼ることも避けていた自分もいけなかったです。

 

でもね、頼るとどんどん家の中にいてほしくない愛人もどきが入り込んでくるのです。だから頑なに頑張りました。

 

ずっと続ける必要はありません。

 

しっかり眠れる日が続いたら、内服を中止すればいいのです。

 

無理しないで頼りましょう。(薬にも人にも)

 

私の失敗談でした。

 

 

始めに出るのは爪と髪?

先日久しぶりに美容院に出かけました。

 

そこでいろいろ美容師さん側からみえる体調不良の見分け方を、

聞くことができました。

 

美容院で見かける店員さんは細身の女性が多いです。

ひっきりなしにお客さんが来店したりすると、

食事もままならないことが多いそうです。

 

そんな時短時間ですぐに栄養補給できるのがお結び。

炭水化物が主体です。

 

髪の毛も爪も皮膚の延長ですから、

タンパク質が原材料です。

 

過労気味になると一番栄養が行き届かなくなる髪と爪から、

トラブル起こりますねと言われました。

 

ところで一つ、髪質について良いお話です。

ある方に確認したら、(美容の専門家)

髪の毛だって皮膚にクリーム塗るように栄養を与えれば質も見た目も良くなるよとの結論にいたるのですが。

 

パーマをかけてばかりいた時期の髪のトラブルには悲しくなりました。

 

そこに染めも入りますから痛みは倍増です。

 

時間の節約で一度でパーマと染めを同時にしてしまうところでは、あまりトラブルについての説明をしてもらえませんでした。

その時の痛み方が一番きつかったです。

何事も知識なしに臨むことは、自らを危険にさらすことになると思いました。(ちょっと大げさ)

 

髪を大切にするのなら、パーマと染めは一度にしてはいけませんと言ってくれたお店がありました。

 

今は髪型さえも長く形が整えられるよう配慮してもらえるお店もあり、

どの業界もどこに視点を置いて仕事をしているのかが見えてきます。

お客さんのことを本当に良い方向へ導いてくれるお店を選びたいです。

 

さて髪の手入れの良いお話ですが、

旅行先でトリートメントの代わりに、

ハンドクリームを使ってみたところ翌朝髪の毛が元気になっているのがわかりました。

 

普通の尿素入りハンドクリーム

 

苦肉の策で行った行為でしたが、

いつも使うトリートメントの何倍も髪の毛が生き生きしてくれます。

 

個人差もあるとおもいますが、

同年代の同じような悩みを抱えている女性に、

それとなくおすすめしてみていきました。

結果、喜ばれています。

 

髪にとっての栄養素。

よく言われる黒い食材。

今はサプリメントも出ています。

 

でもハンドクリームもおすすめです。

シンプルな尿素入りのものを使ってみてください。

(洗髪のち、髪の毛に適量をすり込むようにつける、地肌にはつけないでください)

 

髪の毛のボリュームが出てくるので、

男性にもお勧めです。

あまりつけすぎるとべとべとしますから、

適量見定めてください。

 

今回は自身の経験体験談でもほんまかいなてきな内容なので、

実際に行ってみて効果が見られた方がいらしたらマークしていただけると嬉しいです。

若い方には効果の度合いがわかりにくいかもしれません、

髪のトラブル(細い、腰がない、薄い等)に悩んれている中高年の方は効果が見られやすいです。

 

外から塗る方法なので一時的なものになりやすいです。

 

(ここに書くきっかけとしては、美容師さんに年の割に髪が綺麗と言われたからです。)

 

結局最後はバランスの良い食事が基本でした。